記事一覧

【オーストラリア短期留学】放課後の様子

 次に課外時間の様子を報告します。

 授業参加だけでなく、ホームステイと気軽に交流を持つことで自然に英語ができるようになるんですね。今朝は緊張感がありましたが、すでにリラックス状態で英語を自然に学んでいるのです。わかりにくい場面もありますが、発音も含め遠慮なく聞き返し、繰り返して聞いています。またそれに応じてくれるのです。感謝です。価値があります。

ファイル 4446-1.jpg ファイル 4446-2.jpg
棚橋さんと石川さんは、湖に行っていたようです。
「バララットの有名な湖に連れて行ってもらいました!そのあとホストファミリーのお友達のレベッカさんと一緒に食事しました。」

ファイル 4446-3.jpg
升倉くんは、公園へ行ったのでしょうか?
「草原?に連れて行ってもらいました!ホストファミリーの子供と楽しく遊んでいました!」

吉川さんと音部ゆのさんは、「ホストマザーの妹さんのお家に行って、そこの家族とピザを食べたりテレビを見たりしました。写真は撮れませんでしたが、また行くみたいなのでその時に撮ってきます!」

ファイル 4446-4.jpg
酒井君と大塚君のフェミリーは興味深いです。(VWの旗の写真)
「ピーターさんがオーストラリアでも有名な車のコレクターで日本では絶対見れないものを見せてもらいました。」

「日本では絶対見られないも」が見てみたいですよね。

ファイル 4446-5.jpg
丹下さんと伊藤さんは、私とコアラを探しに行った後、別れてからさらに野生のカンガルーを探しに行ったみたいです。そして発見!目が会っちゃっています。東山動物園のようにだらしなく寝そべっていません。羨ましいですね。車の中から撮影しています。

柴田さんは行かなかったようです。
「今日は特にどこにも行っていませんが、家でずっと猫ちゃんと遊んでいました。今日も夜ご飯は中国の留学生のシャーロットが作ってくれました。」
ファイル 4446-6.jpg ファイル 4446-7.jpg
気品にあふれる猫ですね。
ファイル 4446-8.jpg
鈴木君はなんと海へ行ったようです。フットワークが軽いですね。片道2時間ほどを要するはずですが…プールで水泳もしたようです海の写真は曇っていて、しかもローアングルのため実際の海の色が伝えられなくて…でも遠くに船が見え、桟橋では釣り?をしているのかな?

【オーストラリア短期留学】バディーコンタクトと放課後の様子

ファイル 4445-1.jpgファイル 4445-2.jpg

 放課後は、Martin先生の案内で野生のコアラの生息地へ連れて行ってもらいました…→
ファイル 4445-3.jpg ファイル 4445-4.jpg

 授業は3時過ぎに終了する点では、星城生活と同じ感じがしますが、ところがそこからが長いのですね。日没が遅くて、8時近くになってもまだ明るい感じなのです。授業が3時過ぎに終了すると、生徒の皆さんはとっととご帰宅します。部活動のような課外活動もありますが種類も活動人数も少ないですね。
ファイル 4445-6.jpg
 ロビーに置いてあった卓球台でかってに「卓球部活動」に興じていたら、Martein先生が飛び入り参加で加わっていました。そんな活動を通じて成長が認められてきたTeam Seikanです。

 職員の方々もさっさと勤務解除のようです。そんなオーストラリアの放課後の様子をまとめようと思っています。

 →…Martin先生と丹下さんと伊藤さんとで行った先はなんと「野生のコアラ生息地」なのでした。到着した森は、コアラの主食となっているユーカリの原生林でした。観察学習用?でしょうか。展望台もあって目線を高くしてコアラの観察ができるようになっています。

 残念ながら今日のコアラさんは休日のようでした。

ファイル 4445-5.jpg 
代わって出会ったのは、インドの僧侶さんたちのグループでした。昨年神奈川県に訪問なされていたとのことでえらく話が盛り上がりました。見た目は矍鑠(かくしゃく)とした、いかにも格の高い僧侶のようでしたが、話してみると普通のOZISANでした。本当にinternationalです。交流の幅が広いです。

 明日の午前中は近くにあるフェデレーション大学へ訪問予定です。

【オーストラリア短期留学】バディーコンタクト

ファイル 4444-1.jpgファイル 4444-2.jpgファイル 4444-3.jpgファイル 4444-4.jpgファイル 4444-5.jpgファイル 4444-6.jpgファイル 4444-7.jpgファイル 4444-8.jpg

 お昼には三々五々でしたがバディーさんたちが来てくれました。

 皆さん選りすぐりの人格の備わった高1・高2の生徒さんたちのようです。

【オーストラリア短期留学】語学体験とバディーコンタクト

ファイル 4443-1.jpgファイル 4443-2.jpgファイル 4443-3.jpgファイル 4443-4.jpgファイル 4443-5.jpg

 ミッションが始まりました。いきなり英語ONLYアンジー先生のパフォーマンスで始まりました。

 ジェシー先生は英語ばかりで説明され、英語ばかりで質問され、英語ばかりでミッションが提示され、英語ばかりで注意が下ります。流石に私も耳が慣れてきました、と云うと良い感じがします。しかし実情は8割方が、「概ねわかったように振る舞うことに、長けてきた」のですね。
 
 隣のクラスでは、中国語の授業が行われており、授業中にもかかわらずオーストラリアの生徒から中国語で挨拶を求められ、頭の中は、日本語と英語と中国語がごちゃ混ぜになって、錯綜してしまいます。

 授業形態は、大学のゼミと同じ感じがします。10名~15名ほどの生徒がそのクラスで行われる講座に集合してきます。クラスという単位は無い感じです。

 授業時間は次のようになっています。
1時間目 9:00~
2時間目 10:00~
軽いランチ:11:00~早弁時間です(笑)
3時間目 11:30~
4時間目 12:30~
ランチ  13:30~
5時間目 14:15~

 今日の内容は、繰り返しになりますが、1時間目は英語ばかりの自己紹介がありました。ことのほか緊張していたようです。でもやっていることは、氏名の確認、家族構成、好きな色、学校生活の様子などを英語で受け答えします。

 2時間目は3~4時間目のための質問が提示されました。特に3~4時間目にはアクティブな授業内容でした。近くのスーパーーマーケットに徒歩で行き、日本にない果物や野菜を見つける。ポテトは一袋いくらなのかなど。事前に質問事項を提示しておき、調査する形でのスーパーマーケット参上です。

《このマウントクリアというところはとても良いです。「引率」という責任ある立場では、第1に「安全管理・健康管理」を優先します。しかしここの気候は暖かく、上着がなくてちょうど良い感じです。風邪などにかかる要素がありません。花粉症などありません。そしてドライバーのマナーがとてもよいです。治安が良いと伺いました。自己管理さえきちんとしていたならば安心してホームステイ家族やバディーに任せられるようです》

 ランチはすべての家庭で手作りの「お弁当ランチ」を持たせてくれています。だいたいパン(サンドイッチ)が主です。あれがいいとか、これが食べたいとか言えるのですが、お世話になっている以上あまりわがままは言えません。私も謙虚に言いなりです。

 お昼休みにはバディーとなってくれる生徒さんと遭い、午後は1時間だけ、その授業に参加しました。

 明日午前中はバディーと授業に参加します。午後は近くのフェデレーション大学へ行ってプレオーストラリアキャンパスライフというところでしょうかね。

【オーストラリア短期留学】ホームステイ先の生徒の声

ファイル 4442-1.jpg

 いち早く報告のあった、渡邊大樹君の部屋でおどけた写真です。渡辺君と鈴木笙太くんはペアでホームステイ先が同じです。鈴木君が渡辺君を撮影しました。広いご家庭で、ペット動物もたくさんいてみんないい人です、と楽しそうな報告です。

ファイル 4442-2.jpg
丹下さんと伊藤さんの報告写真です。バララット校の教員方にホームステイです。安心ですね。

ファイル 4442-3.jpg
酒井君と大塚君のフレンドリーな写真ですね。
「とても広い家でたくさんの動物や植物があります。マーグさんは優しく接してくれてとても話しやすいです」とのことです。

ファイル 4442-4.jpg
音部ゆのさんと吉川さんのホームステイでの写真です。「プレゼントを渡したらすごく喜んでくれました!マシンガントークから始まり、とても焦りましたがなんとか答えることができました!とてもいい人で良かったです。」この家庭も教員宅のようです。

ファイル 4442-5.jpg 
料理の写真は、柴田さんからです。ホームステイ先には中国からの留学生がいらっしゃるようで「中国人の女の子がいて料理が大好きで作ってくれました。フレンドリーでたくさん喋りかけてくれて、緊張も解けてきました。」

 音部かのさんからは、「家族との写真は全員そろっていないため撮影しませんでした。しかし皆さんすっごく優しくて楽しいです!!もっと積極的に話していこうと思います。」

 石川さんからは、「フレンドリーに話しかけてくださって感謝しています。自宅への途中、とても良い景色が見える展望台や、お姉さんの家に連れて行ってもらいました!」

 升倉くんは、自宅への途中にスイミングの大会に寄ったようです。升倉くんは宮崎くんと一緒の家庭のようです。

 みなさんよい家庭に恵まれたようでよかったですね。明日からの研修が楽しみです。どんどんスキルを伸ばしましょう。 
 


 

【オーストラリア短期留学】シンガポール~メルボルン~ホームステイ

 やっとオーストラリアに到着しました。やっとです。みんなお疲れのようです。

 メルボルンの空港に着陸し、現地KNT様の出迎えをいただき、ランチまで市内観光です。イギリスから運ばれたクック船長の記念館や88階建てのタワーに昇ってメルボルン市内を鳥瞰から観察(観光)しました。大都会です。
ファイル 4441-4.jpg ファイル 4441-1.jpg ファイル 4441-3.jpg ファイル 4441-2.jpg
 先日、テニスの大坂なおみさんが優勝した全豪オープンの会場やサッカーの本田圭佑(メルボルン・ビクトリーFC所属)選手のホームスタジアムが写真後方に見えています。
ファイル 4441-5.jpg ファイル 4441-6.jpg  

 午後はいよいよ本番突入。ちょうど授業終了と同時にマウントクリア高校へお邪魔し、ランゲージセンター(多言語センター)に通され、お世話になるホームステイの方々にお目にかかることができました。案内していただいたKNTの吉田さんもハワイでホームステイ経験のある大先輩で、経験談からの的確なアドバイスまでいただくことができて私の出番は必要ないほどでした。ランゲージセンターには「おひな様」も並んで出迎えてくれました。
ファイル 4441-7.jpg ファイル 4441-8.jpg

 ホームステイ先の様子が届くようになりましたので、徐々に披露したいと思います。

空手道部 太郎坊宮

ファイル 4440-1.jpgファイル 4440-2.jpgファイル 4440-3.jpgファイル 4440-4.jpg

 思い立ったら即行動をモットーにする監督の思い付きで少し遠くへ参拝に行きました。向かった先は、多くの有名なアスリートが足繁く通うという滋賀県・阿賀神社 太郎坊宮です。

 700段をこえる階段を登るだけで脚が悲鳴をあげてしまいました。おそらく、3日後くらいに筋肉痛が襲いかかって来ると思われます。

 しっかりと必勝祈願してきました。また、晴天にも恵まれたため、景色も楽しむことができました。

第39回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会 中部地区予選の結果報告

 先日、3月12日~13日に春日井カントリークラブで第39回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会中部地区予選が行われました。星城高校は16名の選手が参加をしましたが予選を通過し全国大会に進むことができたのは4名でした。3月25日~29日から滋賀県の富士スタジアムゴルフ倶楽部で始まる全国高等学校ゴルフ選手権春季大会で上位を目指して頑張ってきますのでご声援よろしくお願いします。

ファイル 4439-1.jpg
出場選手
2年生 奥田智也、鈴木千貴、山田夢人、荒武円晴の4名です。

【オーストラリア短期留学】from シンガポール チャンギ空港

ファイル 4438-1.jpgファイル 4438-2.jpgファイル 4438-3.jpgファイル 4438-4.jpg

 オーストラリア・メルボルン空港に向かう途中、シンガポール チャンギ空港での乗り換え待ちです。

 乗り換えといっても5時間ほどあります。

 *日本時間との時間差が1時間プラスのようです。

 今日は天候に恵まれ、とても安定した静かなフライトでした。とはいえシンガポールまでは約6時間あまりを要し、さすがに疲れました。そう考えると、このシンガポールでの休憩は必要な感じです。チャンギ空港はとても広く、セントレアが4つほどあわさった感じです。幸い人が少なく、ゆったりとしており、遠くまで見渡すことができます。次の集合にも安心しています。
ファイル 4438-5.jpg
SEIKAN趣味のコーナー:空港内にあるアゲハチョウの放し飼いエリアへ行ってみました。

 メルボルンまでのフライトはこのあと9時頃。飛行機内ではディナーから朝食と2回の食事の用意があるようです。メルボルンには明日朝8時頃到着のようです。

 次の報告は明日お昼頃でしょうか?どうぞお楽しみに!

 

【オーストラリア短期留学】いよいよ出発!充実した研修を!

全9回の学習会を終え、いよいよオーストラリア短期留学に出発です。

この短期留学に参加する生徒たちの表情は、これまでになく生き生きとしています。

最初に、春木教頭よりご挨拶。勇気を出して大きな声で、コミュニケーションを楽しんで!と激励の言葉を頂きました。出発前の最後の打ち合わせを行い、いざ出陣!
ファイル 4437-1.jpgファイル 4437-2.jpg

充実した2週間を過ごしてください!
ファイル 4437-3.jpgファイル 4437-4.jpg
今後は、現地からの報告をお届けします。

平成30年度 仰星コース SGHアソシエイト活動 校外成果発表会

ファイル 4436-1.jpgファイル 4436-2.jpgファイル 4436-3.jpgファイル 4436-4.jpgファイル 4436-5.jpgファイル 4436-6.jpgファイル 4436-7.jpgファイル 4436-8.jpg

 H30 仰星コース SGHアソシエイト活動 校外成果発表会があり、1・2年の各校内発表会での優秀班それぞれ2班が発表を行いました。講演の前にまず、仰星コース出身東京大学卒、元JAXA勤務、名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻での吉村彰記 准教授から「私の見てきたグローバル社会で活躍する人々」というテーマで講演がありました。

 まず、吉村先生の専門分野である「複合材料」についてお話され、吉村先生が出会ってきたグローバル社会で活躍する人々の共通点についてお話されました。

 その後、1年生のひとつの代表班は、「売春へ走るティーンネイジャー~子どもが売られない世界をつくるin India」というテーマで、インドの貧困層で起きている売春の問題が起きる原因・課題を抽出し、その解決策の提言を行いました。

 1年生のふたつめの班は、「地域防災から多文化共生」というテーマで、災害時において外国人市民でも安心して避難できる仕組みを提言しました。2年生のひとつめの代表班は、「The Threatened Health of Japanese」というテーマで、世界中で問題視されていなかった病気が現在になって引き起こされている原因について班が分析した内容を話した上で、これから日本に上陸する恐れのある感染症に注目し、これらの対策についていくつか提言を行いました。

 2年生の2つめの代表班は、「Problems We found on LGBT Education」というテーマで、日本のLGBTについての消極的な認知の実態から、LGBTに関して寛容で多様性のあるタイと比較しながら、日本のLGBTに対する意識を改善する解決策を考え、LGBTやそのほかの性別の人々が住みやすく、よりよい世の中になれるようにするためにはどうすればよいかということを提言しました。

 2年生は、発表および質疑応答はすべて英語で行いました。

ブラスバンド部紹介 ②1年間の活動

皆さまこんにちは!
ブラスバンド部、顧問の石黒です!

先週に引き続いてブラスバンド部の紹介をします。
まだ「ブラスバンド部紹介① ブラスバンド部とは」をご覧になっていない方々は、ぜひ読んでください!

さて、我がブラスバンド部ですが、1年間、意外と忙しく活動しています。

年間で見てみると大体こんな感じです。
ファイル 4435-1.jpegファイル 4435-2.jpeg
4月 入学式、新入生オリエンテーション、部員勧誘
5月 イベント、夏に向けて、猛練習
6月 桶狭間古戦場祭り
7月 Centrair Cool Jazz Festival(中部国際空港セントレア)
野球部の応援
NAGOYA GROOVIN' SUMMER(栄オアシス21)
8月 江南サマージャズフェスティバル(江南市民文化会館)
ジャパンステューデントジャズフェスティバル(神戸文化ホール大ホール)
9月 STUDENT JAZZ FESTIVAL 中部大会(アートピアホール)
10月 豊明まつりボラフェスタ(豊明市総合福祉会館)
11月 岡崎ジャズストリート(岡崎市内各所)
12月 冬眠期間
1月 ヤングジャズサミット(名古屋芸術大学)
2月 卒業式演奏
3月 新年に向けて
ファイル 4435-3.jpegファイル 4435-4.jpeg
見ていただくとわかる通り、6月以降は、ほぼ毎月一つ以上イベントに参加させていただいています。
特に、8月のステューデントジャズフェスティバルは、なんと神戸までみんなでバスに乗って遠征します!
全国規模の大会ということもあり、我々ブラスバンド部の一つの目標となっております。
(また、この大会で3年生は引退を迎えます)

このように、ブラスバンド部ではあなたの活躍する機会が、もう十二分に用意されています。
もちろん、毎回のイベントに強制参加!というわけではありません。自分のペースでイベントに参加できるというのも、このブラバンの魅力だと思っています。

音楽で、自分を表現してみたい!というあなた、
ぜひブラスバンド部に遊びにきてみてください。

次回は「ブラスバンド部の部員たち」について紹介します。
(写真は、桶狭間、グルーヴィン、神戸、ボラフェス の時のものです)

【オーストラリア短期留学 2019】短期留学への意気込み

ファイル 4434-1.jpg

 明日からオーストラリアへの短期留学に出発します。オーストラリアへの短期留学は春休みを利用した約2週間で、31日に帰国するプランです。

 出発前日となる今日、参加者に留学への目的と意気込みを述べてもらいました。

1年生 宮崎一輝
 より多く会話をして、スピーキング能力の向上とオーストラリアの文化を感じたいです。
自分のベストを尽くせるように頑張ります。

1年生 音部ゆの
 昨年のオーストラリア語学研修で行ったマウントクリア校に再度伺う意義は、一度行った場所なので安心して研修を受けられるというメリットがあると思います。そのときの友達にも、初めて会う方でも積極的にコミュニケーションをとり英語のスキルを向上したいと思います。

1年生 棚橋里衣
 積極的にホストファミリーに話しかけて、今より英会話が上手くできるようになりたいと思います。そしてオーストラリアと日本の文化の違いを学びたいと思います。

1年生 音部かの
 昨年の語学研修では勇気が出せず積極的に話すことができませんでした。その反省を元に、失敗してもいいから自分が納得いくよう積極的に話しかけ、友達を沢山作ってより良い2週間にできるようにしたいです。

1年生 渡邊大樹
 8月のアメリカ短期留学では日本との違いにばかり目がいってしまったと反省しています。オーストラリア短期留学では自分から日本のことを話したり、オーストラリアのことについて聞いてみたりするようにします。

1年生 吉川 雅
 前回の留学で日本の文化を伝えようと思い、日本に関わるものをたくさん持っていきました。しかし、うまく説明ができずホストファミリーを困らせてしまいました。今回こそ改善しホストファミリーに日本の文化を伝えたり、たくさん積極的に話しかけたいです。

2年生 鈴木笙太
 現地の友達をいっぱい作って帰国後もメールなどのやりとりをして、英会話能力を上げます。 何か収穫があるような留学になるように頑張ります。

2年生 高須みな
 オーストラリアまでの残り少ない時間を有効に使い、少しでも多くの人とコミュニケーションが取れるよう事前勉強に励んできました。英語のレベルアップに繋がる留学になるよう、オーストラリアの文化や言語を学び将来の夢に近づけるように頑張ります。

2年生 伊藤綾里
 オーストラリアでの留学経験が自分の将来に役立つものにしたいです。約2週間という短い期間ではありますが多くのこと学びを吸収出来るように頑張ります。

2年生 石川美尋
 自分から積極的にホストファミリーの方などに話しかけに行き、オーストラリアと日本の文化や習慣の違いに直接触れて、色々なことを学んできたいです。英語のレベルアップを目指して2週間を充実したものにしたいです。

2年生 柴田実優
 ホストファミリーと仲良くなり、バディーとも仲良くなり、海外の友人をたくさん作りたいです。また、積極的に会話をし、コミュニケーション能力を向上させ、自分の将来の夢に1歩近づきたいです。

2年生 丹下由梨
 昨年の交換留学を通して学んだことや反省点をこのオーストラリア短期留学で改善し活かし、さらに新たなことにチャレンジしていきたいです。そしてホストファミリーを始め、バディや多くの方々との交流を大切にし、13日間で少しでも成長して帰国できるようにしたいです。日本では感じられない風景や文化、オーストラリアで実際に肌で感じ色々なことに直面して、さらに自分のスキルアップに繋げていきたいです。

2年生 酒井駿輔
 初めて留学に行きますが緊張に負けないで積極的に話しかられるよう頑張ります。ホストファミリーと笑いあえる関係になりたいです。

2年生 大塚竜生
 今回が初めての留学でとても緊張しますがそれに負けないぐらいの勇気を持って積極的にホストファミリーと話して仲良くなると同時に、日本の文化をしっかり伝えていけるように頑張りたいです。

*学年は平成30年度用で表示

空手道部 練習試合(常葉菊川)

ファイル 4433-2.jpegファイル 4433-3.jpeg
 3/17、静岡県から常葉菊川さんが来校され練習試合が行われました。常葉菊川さんには先日もお越しいただいています。選抜前に大変有意義な調整練習となりました。

 常葉菊川さんにはとてもよくしていただいております。監督も大変お世話になっていますが、部員たちも交流を深めてくれました。
 今日の監督推薦は、男子は1年生・堤健斗と松久保喜生です。堤は長野に引き続き、積極的な試合をしてくれ、松久保も負けじと奮闘してくれました。女子は1年生・伊藤寧優です。最後の締め括りとなる試合では勝利をもぎ取ってきてくれました。
ファイル 4433-1.jpeg

【オーストラリア短期留学 2019】学習会⑨ ~ Presentation III~

ファイル 4432-1.jpgファイル 4432-2.jpg

 短期留学に向けての学習会も、今回が最終日となりました。オーストラリア短期留学2019での大きなミッションはふたつ。

 ひとつは、日本と星城高校の紹介をするプレゼンテーションを、現地で発表し、伝えること。もうひとつは、書道をはじめとして様々な文化コミュニケーションを行うこと。そのために、学習会を通じて準備をしました。

 今年の短期留学団は、3月29日(金)に行われるカルチャーディに参加し、日本ブースを設けて、交流を行います。

 もちろん、訪問するマウント・クリア・カレッジでの授業、ホームステイや、バディを初めとした友人たちとの関係構築も大切です。

 いよいよ出発は3日後です。どきどきしながら、わくわくしています。

第37回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会

ファイル 4431-1.jpgファイル 4431-2.jpgファイル 4431-3.jpgファイル 4431-4.jpgファイル 4431-5.jpgファイル 4431-6.jpgファイル 4431-7.jpgファイル 4431-8.jpg

 佐賀県佐賀市の健康運動センターで行われいる「第37回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会」の結果をお伝えします。

三国(福井)|0010020|3
星城(愛知)|1001000|2

 結果は2対3で星城高校の惜敗となりました。1回に先取点をとり、流れに乗ったかにみえましたが、6回にツーランホームランを浴びてしまい、取り戻すことができませんでした。星城生もとても頑張っていただけに残念な結果となってしまいました。
 次回のソフトボール部の活躍に期待したい!

【SGH】SGH校外発表会に向けて頑張っています③

3月16日(土)石田記念館にて、SGHアソシエイト活動の1年の集大成として、校外発表会が行われます。
当日は1・2年生それぞれ代表2チームがプレゼンテーションを行います。

こちらの写真は1年生の練習風景です。
ファイル 4430-1.jpgファイル 4430-2.jpg
ファイル 4430-3.jpgファイル 4430-4.jpg
ファイル 4430-5.jpgファイル 4430-6.jpg
2班は「売春へ走るティーンエイジャー~子どもが売られない世界をつくる in India」5班は「地域防災から多文化共生の町へ」

それぞれこの1年間のSGH活動を通じて、自分たちで課題を見つけ、仲間たちと協力して、課題解決の道を探究してきました。

1年の集大成、堂々と発表してください。

【SGH】SGH校外発表会に向けて頑張っています②

3月16日(土)石田記念館にて、SGHアソシエイト活動の1年の集大成として、校外発表会が行われます。
当日は1・2年生それぞれ代表2チームがプレゼンテーションを行います。
ファイル 4429-1.jpgファイル 4429-2.jpg
ファイル 4429-3.jpgファイル 4429-4.jpg
ファイル 4429-5.jpg
こちらの写真は2年生9班の練習風景です。
2年生は英語でプレゼンテーションを行います。
タイトルは「The Threatened Health of Japanese(脅かされる日本人の健康)」
ファイル 4429-6.jpgファイル 4429-7.jpg
ファイル 4429-8.jpg
ロバート先生・ジェフリー先生の指導を受けて、最終調整に余念がありません。
1年の集大成、良い発表ができるといいですね。

【SGH】SGH校外発表会に向けて頑張っています①

3月16日(土)石田記念館にて、SGHアソシエイト活動の1年の集大成として、校外発表会が行われます。
当日は1・2年生それぞれ代表2チームがプレゼンテーションを行います。
ファイル 4428-1.jpgファイル 4428-2.jpg
ファイル 4428-3.jpgファイル 4428-4.jpg
ファイル 4428-5.jpg
こちらの写真は2年生2班の練習風景です。
2年生は英語でプレゼンテーションを行います。
タイトルは「Problems We Found on LGBT Education(LGBTの教育における問題)」
ロバート先生・ジェフリー先生の指導にも力が入ります。
ファイル 4428-6.jpgファイル 4428-7.jpg
1年の集大成、自信を持って発表にのぞんでください。

【オーストラリア短期留学 2019】学習会⑧ ~ Presentation II~

オーストラリア短期留学出発まで、あと一週間と迫ってきました。荷物の準備も進んでいる頃でしょうか!?

さて、事前学習会も本日で8回目を迎えました。今日は約3時間の格闘の末、現地で発表するプレゼンテーションがほぼ完成しました。
ファイル 4427-1.jpgファイル 4427-2.jpg

あとは、みんなの頑張り次第です。何も見ずに発表できるか、見ている人に伝わるのか・・・、ドキドキです。

長時間にわたりご指導いただいたスベトラ先生に、感謝ですね。
オーストラリア短期留学に向けた学習会も、残すところ1回のみです。