記事一覧

【ブルガリア交換留学】ガブロボ市長表敬訪問

ファイル 4181-1.jpgファイル 4181-2.jpg
ファイル 4181-3.jpgファイル 4181-4.jpg

終了証をいただいた後は市長室で対談させていただきました。
ファイル 4181-5.jpgファイル 4181-6.jpg
ファイル 4181-7.jpgファイル 4181-8.jpg
ガブロボ市の市長は女性です。
ガブロボ市でも初めての女性市長です。
その活躍に生徒全員が尊敬の眼差しです。

【ブルガリア交換留学】アプリロフ高等学校へ(その2)

アプリロフ高等学校の校長先生や他の先生方へプレゼンをしました。
ファイル 4180-1.jpg
少し早いですがターニャ市長より終了証の授与です。
ファイル 4180-2.jpgファイル 4180-3.jpg
ファイル 4180-4.jpgファイル 4180-5.jpg
ファイル 4180-6.jpgファイル 4180-7.jpg
ファイル 4180-8.jpg

【ブルガリア交換留学】アプリロフ高等学校へ

ガブロボ市で一番最初に創立されたアプリロフ高等学校へ行ってきました。学校の中が博物館になっています。
ファイル 4179-1.jpgファイル 4179-2.jpg
ファイル 4179-3.jpg
当時の教室です。
ファイル 4179-4.jpg
悪い行いをした生徒は教壇の下のスペースへ!
ファイル 4179-5.jpg
ガブロボ市のラジオ局が取材に来てくれました。
代表生徒がいろいろな質問に日本語?ブルガリア語?で答えてました!
ファイル 4179-6.jpg

【ブルガリア交換留学】Kazanlak PlovDiv へ(その2)

続きです!!

そのAntique theatreがある街はヨーロッパの中でも最も古いと言われています。
ファイル 4178-1.jpgファイル 4178-2.jpg
ちょうど民族衣装を着たパレードを見ることができました。
ファイル 4178-3.jpgファイル 4178-4.jpg
そして、最後はディナータイム!
みんな、日本食に対してホームシックになりつつあるところで、日本に来日したネディアルコがお寿司を食べれるお店をピックアップしてくれました。
みんな久々のお寿司に満面の笑顔です!
ファイル 4178-5.jpgファイル 4178-6.jpg
ネディアルコお気遣いありがとうございました!

【ブルガリア交換留学】Kazanlak PlovDiv へ

今日は朝早く出発して2時間半の道のりでKazanlakへ到着です。
古いお墓の見学です。
ファイル 4177-1.jpg
その後、ローズウォーター、ローズオイルの精製場も見学しました。
1Lのローズオイルを作るのに5tものバラが必要とのこと、ローズオイルはとても貴重なオイル!!
ファイル 4177-2.jpgファイル 4177-3.jpg
古代遺跡のAntique theatreへ
日中は博物館で、夜になるとコンサートホールで利用しているそうです。古代遺跡に実際に触れてきました。
ファイル 4177-4.jpgファイル 4177-5.jpg
ブルガリアの中にいくつもの市や町、村があります。その町、村ごとに民族衣装が違い、その民族衣装などを展示した博物館も見学です。
ファイル 4177-6.jpg

【ブルガリア交換留学】Seikovtsi村へ

Seikovtsi村の農家の方々にお世話になりました。
農家のお母さん方はとてもパワフル!
私達に一生懸命教えてくれました。
まずは山盛りのトウモロコシの皮は取って、焼きとうもろこし!
ファイル 4176-1.jpg
そしてチーズ作り、ヨーグルトつくり!今朝、牛から搾ったミルクから作りました。
それからパン作りです。
みんな顔をまっ白にして…
ファイル 4176-2.jpg
なんとかパン生地を伸ばし終えました。
レンガの窯焼いた、焼立てパンをその場で!おいしかった!!!
ファイル 4176-3.jpg
待ちに待ったランチです。
農家のお母さん方が作ってくれブルガリアの伝統料理です。
どれもおいしくて食べ過ぎです…
ファイル 4176-4.jpg
最後は編み物です。
この村で古くから引継がれている編み物です。
着ているものがその作品です。
なんとこれを仕事の合間2日間で作ってしまうそうです。
細かい作業で大変です。
ファイル 4176-5.jpg
でもお母さんが作ればかわいい蝶々が3分ぐらいで完成です。
ファイル 4176-6.jpg
今日は日本にも来日したガブリエラの誕生日です!
こちらの文化では本人がケーキを準備してみんなに振舞います。
ガブリアエラ17歳の誕生日おめでとう!!
ファイル 4176-7.jpg

【ブルガリア交換留学】彫刻の街

彫刻で有名な街、トリャヴナに行ってきました。
その彫刻を展示する資料館です。
ファイル 4174-1.jpgファイル 4174-2.jpg
その街にある、インテリア・彫刻を勉強する学校も見学しました。
ファイル 4174-3.jpgファイル 4174-4.jpg
その街の丘の上にある景色がすごく素晴らしいレストランでランチタイムです。少し買い物をしてボジェンツィへ
ファイル 4174-5.jpgファイル 4174-6.jpg
ボジェンツィは伝統的な古家が多く、古家そのものが博物館になっています。
ファイル 4174-7.jpg

【ブルガリア交換留学】滞在5日間の感想(その2)

昨日の続きです。


M・K
このブルガリア短期留学が初めての留学で、緊張する事ばかりでした。
言葉の壁や日本とは異なる文化など大変な事ばかりですが、HFやバティ、ガブロボ市の方々助けを頂き、楽しく沢山の発見をしながら過ごせています。
残りの10日間を大切にしながら、数多くの新しい発見やチャレンジができるように、積極的にバティやブルガリアの方々とコミュニケーションをとっていきたいと思います。
また、今夏のブルガリア留学の目標である、『ブルガリアの文化に触れなら学び、体験し留学前よりも成長したい。』というのを忘れずに過ごしていきたいと思います。


Y・T
私はこのブルガリア短期留学が初めての留学です。
初めてのホームスティは不安だらけで、環境に馴染めず苦労したけど、今では凄く楽しい生活を送れています。
それはHFが私を本当の家族のように受け入れてくれるからだと思います。
HFには感謝の気持ちでいっぱいです。
ですが、楽しい日もあっという間、すぐに帰国日がやってきます。
なので、時間を大切して、バディやHF、ブルガリアの友達との仲をもっと深めて今後も交流を続けれるようにしたいです。
このような機会を与えてくれた、両親や先生に感謝し、残り10日間与えられた時間の中でたくさん良い思い出、出来事を日本に持ち帰りたいです。


M・I
星城高校に入学してすぐ始まった交換留学。
慣れない言語、食事にもだんだんと体が慣れて来ました。
アメリカに一度ホームステイに行ったことがありますが、また更に大きな壁がブルガリアにはありました。
それはブルガリア語です。私のホストマザーはブルガリア語しか話せません。
なので、コミュニケーションを取るのが難しいです。ですが、わからないながらも会話の中に笑顔が生まれます。
その笑顔が何度も私の背中を押してくれました。
残り10日しかありませんが、バディーとの会話をもっと増やし英語の力を高めていきたいです。


Y・J
星城高校に入って、2回目の留学です。
ブルガリアでの言語、食べ物、文化は日本と全然違う、私にとっては新しい体験です。
HFはすごく優しいです。お母さんは英語を喋れません、でもバディのRosenaが通訳をしてくれました。
本当の家族みたいに生活しています。
HFには感謝の気持ちでいっぱいです。
5日間の中にはいろいろなブルガリア文化と歴史を学びました。
日本と違うの景色、ブルガリアの友達もいっぱい作りました。
とても充実しています。
残り10日間はもっと体験して、ブルガリア語もいっぱい勉強して、日本の友達を教えてあげます!

K・N
今回のブルガリア交換留学では今までの人生では経験のできなかった体験がたくさん出来ました。
自分は中学三年生の時にオーストラリアに語学研修に行きましたが、その時以上にこのブルガリアでは言語の壁がありました。
残り1週間となりましたが自分の持てる力を最大限に発して、ブルガリアにとって”アンバサダー”となれるように精進していきたいです。

いよいよ、残り7日間となりました。
それぞれの目標達成のために、みんな頑張ってください!!

【ブルガリア交換留学】滞在5日間の感想

今日で短期留学5日目となりました。
土日は各HFと一緒にお休みを楽しんでいます。

今回は5日間過ごした感想をアップしていきます!

H・F
私は、今まで8カ国海外に行ってきましたが、全てガイドがついており自分から英語を話すということはありませんでした。
そのため、今回のブルガリア短期留学 自分から話すというのを、目標に参加しました。
HFと、初めは話せるか、仲良くなれるかなどすごく不安なことしかありませんでした。しかし、私の事を本当の子供のように接してくれて、安心して寝ることも出来るし、おいしい食事も準備してくれます。
この、5日間で民族衣装やトウモロコシの葉で編み物など沢山の体験をして思ったことは、「楽しかった。」という思い出だけでなく、
トウモロコシの葉は湿っていると柔らかく、湿っていないと硬いとか民族衣装は、結婚している人は頭に白い冠の様なものをつけるなど詳しく説明してくれてブルガリアの事についてより詳しく知る事ができました。
残り、10日間は目標にしていた英語をたくさん話すということを実行していきたいです。
まだチャレンジする時間はあるので、私の経験や知識として習得できるように頑張りたいです。


Y・O
今回の交換留学で私は初めてヨーロッパに来ました。
今までは坂に沿って土壁の家が立ち並んでいて、とてもオシャレな街並みのイメージでしたが、観光地はそのような景色が広がっていたものの、私のステイ先までの道中には窓が割れた家や崩れかけてる家も多くあり、びっくりしました。
でも、れんが造りのかわいらしい家の庭に井戸があったり、ぶどうが育ててあったり、素敵なおうちもたくさんあって、なによりも街には犬やたくさんの猫がいて、車で少し離れただけで、野生のハリネズミやふくろう、蛍がいたりするのは、日本では体験したことがなく、自然いっぱいで、とても魅力的な場所だなと思います。
また、ブルガリアの子達はとても優しいし、街の人たちも気さくに挨拶してくれたりと、とても暖かい街だなと感じました。
たった5日いるだけで今までのイメージや価値観が変わっているので、残り10日間どんな発見や出会いに出会えるのかとても楽しみです。


S・Y
ガブロボに来て5日たちブルガリア語と英語に囲まれる生活に慣れてきました。
エタラなどの観光名所では、日本の文化との違いを肌で感じ、行く所全ての景色が新鮮です。
また、夕方からのバディとのお出かけやHFと過ごす夜の時間もブルガリアの生活文化を体験すると共に、私にとって英語での会話の良い機会を与えてくれてとても楽しいです。
あと10日しかありませんが、悔いのないように新鮮な景色、文化を知り、よりいっそうブルガリアの友達と仲良くなりたいです。


M・S
私は今までアメリカやオーストラリアには留学したことがありますが、ブルガリアには旅行や留学も行ったことがありませんでした。
ガブロボが、どんな町なのか、どんな文化なのか、全く知りませんでした。
しかし、実際に来ると、ブルガリアの歴史やガブロボの歴史的建造物所など、知らないことばかりでした。
残りの10日間、精一杯チャレンジして、楽しいことばかりでなく、さらに知識や経験を深めてたいです。
ブルガリア語も覚えて、またブルガリアに行きたいと思えるくらいたくさんの良い思い出を作りたいです。


R・H
初めは見るもの全てが新鮮で食べ物や文化、言語の違いなどたくさんのことに驚きを抱き、たくさんの出会いをしました。
特に私が印象深いのはこちらの学校の生徒会長さんにあったことです。
私は彼女と握手をしている写真を撮りました。
国と国の会談のマネですが、確かに感じたのは小さなことでも必ず世界平和に少しでも繋がることが出来るということです。
残りの10日間多くの発見と沢山の出会いをしたいと思います。


以上です。
残りは明日にアップします。

【ブルガリア交換留学】ユーモアの街 ガブロボ

ガブロボはユーモアの街と言われています。
そのユーモアを展示してるMuseum of humour and satire の見学です。
ファイル 4166-1.jpgファイル 4166-2.jpg
ファイル 4166-8.jpg(カーニバルで使われた実物です)

見学後、ピアノコンサートで歓迎していただきました。
ファイル 4166-3.jpg
(4月に来日されたスベトラ先生のお子さんです。)


お礼にピアノと歌で「旅立ちの日に」を即興で披露しました。
即興にも関わらず、みんなのチームワークにはビックリ!!
ファイル 4166-4.jpg

午後からは17世紀に建てられたら建物を見学です。
その当時のピアノや写真、懐中時計など、その当時の日本では考えられない芸術品がたくさんありました。残念ながら撮影禁止でした…

その後、当時のデザインを復元した衣装に着替えてファッションショーです。
ファイル 4166-5.jpgファイル 4166-6.jpgファイル 4166-7.jpg

【ブルガリア交換留学】ベリコ・タルノボ見学

ベリコ・タルノボ、ツァレヴェッツに行ってきました。
山の上にある教会です。
暑くて登るのは大変でしたが、歴史的な建造物はすごい迫力でした。
ファイル 4165-1.jpg
バディとランチの後はショッピングタイム、ガボロボに帰る途中にキロ洞窟にも行ってきました。
外と洞窟内の気温差が20度近くあり、とても寒かったです。
ファイル 4165-4.jpg

【ブルガリア交換留学】エタラ見学

ガブロボの伝統工芸の歴史をミュージアムにした施設、エタラに行ってきました。
ガブロボは縦に25キロある長い街です。
全域に川が流れている関係で、水力を利用した施設が多く存在していました。
ファイル 4164-1.jpgファイル 4164-2.jpg
見学後は、みんなで民族衣装に着替えました。
ファイル 4164-3.jpg
午後からはトウモロコシの葉を使ってコースターを作ったり、ミサンガを作ったりと体験もしました。
ファイル 4164-4.jpgファイル 4164-5.jpg

【アメリカ短期留学】daily English conversation at host family

若干の涼しさが戻ってきた今日も、教室の中はアツイです!

ファイル 4163-1.jpgファイル 4163-2.jpg
そう、8月17日(金)出発のアメリカ短期留学に向けて、今日も頑張っています。今日の学習は、主に、ホストファミリーでの生活に必要な英会話。

トイレやシャワーの使い方、おなかがすいたとき、飲み物がほしいとき、もう一つパン(ピザ)をください、洗濯物を洗いたいとき、タオルを使いたいとき、などなど・・・。

様々なシチュエーションでの必須英会話を学びました。

出発まで、あと3週間。 そろそろ身支度の時期です。

ファイル 4163-3.jpg
最後は、お世話になっているジェフ先生と記念写真!

【ブルガリア交換留学】プレゼンテーション(その2)

ファイル 4157-1.jpgファイル 4157-2.jpgファイル 4157-3.jpgファイル 4157-4.jpgファイル 4157-5.jpg

続きの写真です。

【ブルガリア交換留学】プレゼンテーション

ファイル 4156-1.jpgファイル 4156-2.jpgファイル 4156-3.jpgファイル 4156-4.jpgファイル 4156-5.jpg

HFとマッチング後、一度解散をしました。
それぞれのHFとランチをしてから再度集合しプレゼンテーションに挑みました!
みんな真剣な眼差しで持っている力を出し切れたと思います!

【ブルガリア交換留学】HFとマッチング(その2)

ファイル 4155-1.jpgファイル 4155-2.jpgファイル 4155-3.jpgファイル 4155-4.jpgファイル 4155-5.jpg

写真の続きです。

【ブルガリア交換留学】HFとマッチング(その1)

ファイル 4154-1.jpgファイル 4154-2.jpgファイル 4154-3.jpgファイル 4154-4.jpgファイル 4154-5.jpg

今日は朝からガブロボ市に移動しました。
ガブロボ市役所に着いたらHFがすでに待っててくれました。
マッチングのセレモニーを行い、HFとのマッチングです。
再開を喜ぶ生徒や、初めてのホームステイに緊張している生徒と思いはいろいろだと思いますが、2週間楽しんでください!

【ブルガリア交換留学】ソフィアに到着しました。

ファイル 4151-1.jpg

ソフィアに到着しました!!
スベトラ先生がお迎えに来ていただけました。
セントレアを出発して19時間、さすがに皆さんお疲れです。
今日はホテル宿泊なので、ゆっくり休んで明日からの2週間に備えてください!!

【ブルガリア交換留学】フランクフルト空港に到着しました!

日本時間10時過ぎ(現地時間15時過ぎ)にフランクフルト空港に到着しました。
12時間のフライトでしたが、みんな元気です!
ファイル 4150-1.jpg
トランスファが4時間あるので、解散をしてとても広い空港内を散策です。
現地時間19時発で2時間後にソフィア着の予定です。

【ブルガリア交換留学】セントレア空港より、まずはフランクフルトへ

いよいよブルガリア共和国・ガブロボ市に向けて、出発です。

ファイル 4148-1.jpgファイル 4148-2.jpg
石田 正城学園長より「日本とブルガリアの親善大使の役割を果たしてきてください」と励ましのお言葉をいただきました。

続いて、四方校長より「ブルガリアの歴史・文化を学ぶだけでなく、日本のこと、愛知県のこと、豊明市のことをしっかりと伝えてくることも皆さんの役割です」とのお言葉をいただきました。

ファイル 4148-3.jpg
生徒を代表して、柴田さんより「この訪問の意義をしっかりと理解し、私たちが訪問できることに感謝をして、何事にも積極的に行動してきます」と挨拶をされました。

ファイル 4148-4.jpgファイル 4148-5.jpg
それでは、行ってきま~す!

ページ移動