記事一覧

空手道部 樋口・篠原セミナー

ファイル 3693-1.jpg

 9/18(祝)、岩倉総合高校にて高体連強化事業として樋口大樹先生・篠原浩人先生にお越しいただきセミナーが行われました。高校生を中心に県内中学生も参加して、非常に盛大に行われました。普段の練習とは異なる視点・目標を掲げてのセミナーであり、大変有意義な時間を過ごすことができました。
 本日の監督推薦は、黄木信太郎・赤坂貴輝の星城・愛産大工業の両監督です。まもなく不惑をむかえる黄木は赤坂監督とともに自分たちの年齢も顧みずに生徒とともにはしゃいでセミナーを受けていました。赤坂監督はまだ若いので問題ないと思いますが、おそらく黄木は数日後に筋肉痛で動けなくなるだろうと思います。
 監督推薦選手は小林洸輝です。最後の団体組手において、絵に描いたような逆転劇を演じてくれました。本番でも、今日のような集中力・勝ちに対する執着心を見せてもらいたいです。

空手道部 金太郎杯

ファイル 3692-1.jpg

 9/17(日)、静岡県武道館にて行われた金太郎杯に参加しました。高校生だけの大会ではなく、子供から大人までが参加する大会です。“たなぼた戦”という敗退した選手だけでのトーナメントも行なわれるなど、独自のルールで行われました。
結果は下記の通りです。
 ・中学・高校男子形・・・準優勝:遠山雄大
 ・中学・高校女子形・・・エントリーせず
 ・高校男子個人組手・・・優勝:小嶋清太、第3位:小嶋爽太
 ・高校男子個人組手 たなぼた戦・・・優勝:伊藤颯彪
 ・高校女子個人組手・・・上位進出なし
 ・高校女子個人組手 たなぼた戦・・・優勝:西脇のん、第3位:西久保有希
 ・高校男子団体組手・・・優勝:星城高校Aチーム、準優勝:星城高校Cチーム
 ・高校女子団体組手・・・第3位:星城高校
 今回の監督推薦選手は松田成龍です。顧問が一番遠くのコートで審判をしていたため、ほとんど試合を見ることはできませんでしたが、遠目から眺めていたときに非常に積極的な組手をしていました。身体も大きい松田ですが、少し弱気な組手をする傾向がありました。本日の試合展開を忘れずに、今後も頑張ってもらいたいです。
 なお、2年生の大半が当日に行われる予定であった高体連審判講習会へ参加予定でしたが、天候不良のため延期となりました。

空手道部 女子練習試合(大阪学芸高校)

ファイル 3691-1.jpgファイル 3691-2.jpgファイル 3691-3.jpgファイル 3691-4.jpg

 男子と合わせ、女子も練習試合です。当たりの強さ、スピード、得点に対する執着心など、全国で勝負をしているチームと対峙して非常に多くのことを学ぶことができました。今回は完敗でしたが、次に胸をお借りするときまでに少しでも近付けるよう、稽古に励みます。
 女子の監督推薦選手は残念ながら不在です。次のイベントで推薦選手が出るよう、頑張ってもらいたいです。

空手道部 男子練習試合(大阪学芸高校)

ファイル 3690-1.jpgファイル 3690-2.jpg

 9/16(土)、午後から大阪学芸高校さんにお越しいただいて本校にて練習試合が行われました。全国大会でも上位進出常連校であり格上のチームでしたが、天候が悪い中でも愛知県まで足を運んでいただきました。ありがとうございました。
 本日の監督推薦選手は鈴木啓真です。最後のレギュラー戦で、開始早々立て続けに悪い形で失点をしてしまいました。このまま完敗するかと思われましたが、意地を見せて得点を重ね、シーソーゲームを制してくれました。
 今回の試合で見せた気迫を忘れないでもらいたいです。

空手道部 女子練習試合(浜松開誠館高校)

ファイル 3682-1.jpgファイル 3682-2.jpg

 男子に合わせて女子も練習試合です。女子の監督推薦選手は、1年生の西脇のんです。思うように試合ができず、涙を浮かべる姿がありましたが、涙を流しながらも相手に向かっていく気迫は素晴らしいものがありました。この気持ちを常に持ち、これからも頑張ってもらいたいです。
 なお、練習試合のあとに3年生・安藤実紅が全日本選手の最終選考に臨みました。結果は選考されませんでしたが、大学生・一般に混ざっての選考会で、得るものは大きかったと思います。安藤は、10月の国体本戦が控えています。高校生活最後の大会を笑顔で終わることができるよう、頑張ってもらいたいです。

空手道部 男子練習試合(浜松開誠館高校)

ファイル 3681-1.jpgファイル 3681-2.jpg

 9/10、静岡県・浜松開誠館高校さんにお越しいただき練習試合が行われました。空手協会の世界チャンピオンを有する浜松開誠館高校さんとの試合は、短い時間ではありましたが、多くの経験を積むことができました。
 本日の監督推薦選手は、2年生の小林洸輝です。夏休み後半に負傷し、しばらくは別メニューでの部活参加でした。9月頭の錬成大会には出場できたものの、出場するだけが精一杯でした。しかし、徐々に怪我も癒えてきて、ようやく自分のパフォーマンスに近付くことができました。
 今後も、まずは県新人戦に向けてコンディションを整えていきたいです。

空手道部 卒業生来校(年代セミナー・東端セミナー)

ファイル 3680-1.jpgファイル 3680-2.jpg

 9/9、卒業生の年代海里先輩・東端友哉先輩が来校してくれました。年代先輩は本校卒業後に同志社大学へ、東端先輩は愛知大学へ進学し、今年の春からは2人とも碧南市役所に勤務しています。先輩方の熱い指導により、部員のレベルも大きく上がってくれました。
先輩方、ありがとうございました。

空手道部 錬成大会(女子)

ファイル 3677-1.jpgファイル 3677-2.jpg

 男子とともに、女子も大会でした。大会結果を報告します。

☆高校生女子組手(ベスト4以上)
 優勝:鈴木楓、準優勝:飯田ももの、第3位:安藤実紅、第4位:松下優里

☆高校生女子形(ベスト4以上)
 準優勝:飯田ももの、第4位:松下優里

 本日の監督推薦選手は、優勝した女子キャプテン・鈴木楓です。準決勝・決勝と、同門対決であったものの、大会で優勝することは簡単ではありません。パフォーマンス自体はまだまだ合格を出しませんが、期待を込めての推薦です。

 男女とも、それなりに結果も出すことができました。しかし、ライバルたちとの差はありません。少しの気の緩みで全く違う結果となっていたでしょう。今大会の結果を、励みにし、さらに目標を掲げて今後も稽古を続けてもらいたいです。

空手道部 錬成大会(男子)

ファイル 3676-1.jpg
ファイル 3676-2.jpgファイル 3676-3.jpg
 9/3、愛知県体育館にて空手道錬成大会(全日本予選)が行われました。大会結果を報告します。

☆高校生男子組手(ベスト8以上)
 準優勝:鶴長康生、第3位:竹重允人、第5位:小嶋清太、第6位:伊藤颯彪、第8位:鈴木啓真

 残念ながら、形競技は上位進出(ベスト4以上)なりませんでした。

 本日の監督推薦選手は、2年生の鈴木啓真です。少し前に負傷して以来、若干パフォーマンスに躊躇が見られましたが、この日は積極的に試合を行なっていました。この調子でやってほしいです。鈴木以外も、上記の選手は全体的に積極的な動きをしてくれていました。積極的な試合が必ずしも上位進出に繋がる訳ではありませんが、勝つためには必要な要素です。今月は練習試合・対外試合が続きます。上昇気流にのっていけるよう、頑張ってもらいたいです。

空手道部 篠原セミナー

ファイル 3674-1.jpgファイル 3674-2.jpgファイル 3674-3.jpg

 9/2、篠原先生にお越しいただきセミナーが開かれました。明日の愛知県錬成大会に備え、気合の入った練習となりました。今日の集中力を、明日の大会でも出してもらいたいと思います。

空手道部 卒業生来校

ファイル 3665-1.jpgファイル 3665-2.jpgファイル 3665-3.jpg

 夏休み最後の練習日、卒業生の春日井勝也先輩と近藤夕貴先輩が顔を出してくれました。春日井先輩は先日も遊びに来てくれましたが、近藤先輩は久しぶりです。先輩方の来校で、現役部員も大喜びでした。先輩方、ありがとうございました。

空手道部 女子練習試合(四日市商業)

ファイル 3664-1.jpgファイル 3664-2.jpg

 8/29、三重県から四日市商業さんにお越しいただき練習試合を行ないました。短い時間でしたが、来月頭の錬成大会、さらに今秋の県新人戦を見据えて集中したパフォーマンスをしてくれました。
 本日も女子の監督推薦選手は不在です。期待する選手はたくさんいますが、あと一歩です。次回に期待します。

空手道部 男子練習試合(愛産大工業 他)

ファイル 3663-1.jpgファイル 3663-2.jpgファイル 3663-3.jpg

 8/29、愛産大工業さんにお越しいただき練習試合を行ないました。短い時間でしたが、新チームでの練習試合で両校ともに今秋の県新人戦を見据えて高い意識で練習試合を行なうことができました。
 3年生が抜け、日々の稽古や対外試合において、選手登録の枠をめぐり校内競争が行なわれています。選手たちは、与えられたチャンスを逃さないように頑張ってもらいたいです。
 本日の監督推薦選手は1年生の加古春哉です。直前の1週間に学習合宿があり、練習不足での試合となりましたが、愛産大工業さんに混ざって参加した三重県の国体選手を相手に臆することなく勝負をしかけてくれました。積極的に勝負をしかける気持ちを忘れずに、この調子で頑張ってもらいたいです。

空手道部 篠原セミナー

ファイル 3662-1.jpgファイル 3662-2.jpg

 8/26、篠原先生が来校されました。顧問の黄木は学習合宿のクラス生徒引率で不在でしたが、黄木に代わって卒業生の春日井勝也先輩が対応してくれました。
 気が付けば夏休みも終わりが近付いています。9月からは再び、学校生活が始まります。学習に部活に、頑張ってもらいたいです。

空手道部 アイスパーティー

ファイル 3631-1.jpgファイル 3631-2.jpg

 8/17、顧問が終日出張で部活を見れないなか、卒業生の春日井勝也先輩が来てくれました。顧問に代わってしっかりと練習を面倒見てくれました。
練習後、春日井先輩からアイスの差し入れをいただきました。練習の疲れも全部吹き飛びました。
 アイスに対する執着、我先にスプーンを持つ積極性を、空手でも出してもらいたいと思います。

 春日井先輩、ありがとうございました。

空手道部 卒業生来校

ファイル 3617-1.jpg

 8/15、卒業生の安藤優弥先輩(愛知学泉大学)・髙橋龍飛先輩(愛知学院大学)が来校してくれました。後輩たちとともに汗を流す先輩の姿に、現役の高校生も負けじと稽古に熱が入りました。両先輩は今年で大学卒業です。先輩方に続き、大学でも活躍してくれる部員が今後も出てくれると嬉しいですね。

空手道部 卒業生来校(丹羽セミナー)

ファイル 3616-1.jpgファイル 3616-2.jpgファイル 3616-3.jpg

 お盆休み前に、近畿大学へ進学した丹羽喬也先輩が顔を出してくれました。日本を代表する空手道部がある近畿大学へ進学し、日々の稽古を続ける丹羽先輩に貴重な指導をしてもらうことができました。丹羽先輩、ありがとうございました。

空手道部 県外遠征(女子)

ファイル 3614-1.jpgファイル 3614-2.jpgファイル 3614-3.jpgファイル 3614-4.jpgファイル 3614-5.jpg

 男子とともに、女子も御殿場西高校さんにお邪魔しました。こちらの監督サポートは3年生の安藤実紅です。まだ高校生である安藤に主審をさせるわけにはいかないため、主に監督業をしてもらいました。
 女子の監督推薦は、残念ながら無しです。午前中、男子のタタミから遠目で見たときは1年生・西脇のんがいい動きをしており、午後からの動きを期待していたのですが、午後は期待していたようなパフォーマンスではありませんでした。他の選手も、高い意識をもって試合をしている子や明確な課題を掲げて試合をしている子がおりましたが、顧問として納得できるものではありませんでした。ゴールラインを下げれば推薦選手も出てくると思いますが、下げる気は一切ありません。次の練習試合でも(ゴールラインは下げませんが)推薦選手が出てきてくれることを期待します。

空手道部 県外遠征(男子)

ファイル 3613-1.jpgファイル 3613-2.jpgファイル 3613-3.jpgファイル 3613-4.jpg

 8/8、静岡県・御殿場西高校さんからお声がけいただき、県外遠征を行ないました。本校の他に、石川県・小松大谷高校、宮城県・仙台城南高校、広島県・呉港高校、大阪府・城南学園高校と、全国各地から強豪校が集いました。台風5号の関係で当日不参加となった学校もありましたが、これだけの学校が集う場所に招いていただき大変有意義な練習試合を経験できました。
 本日の監督推薦は、遠征に同行してくれた春日井勝也先輩です。黄木に代わり練習試合では主審を務めてくれました。おそらく、50試合くらいは主審をしたのではないかな?と思います。おかげで黄木はノンビリと監督業に専念できました。
 選手の中から選出するのであれば、1年生・佐藤成弥です。2試合目に先鋒として出場させましたが、思い切りのいい動きをしてくれました。「成弥がお腹一杯になるまで出し続けよう」と、以後の試合も出し続けました。午後からは女子部員の試合を見ていたため、最後まで男子を見れませんでしたが、多くの経験を積んでくれたと思います。

空手道部 全国総体終了

ファイル 3581-1.jpgファイル 3581-2.jpg
ファイル 3581-3.jpgファイル 3581-4.jpg
ファイル 3581-5.jpgファイル 3581-6.jpg
 空手道部の全国総体が終了しました。多くの方にサポートしていただき、選手は集中して試合に臨むことができました。ありがとうございます。
 遠方にも関わらず、多くの保護者に駆け付けていただけました。また、多くの卒業生から応援メッセージも届きました。高校関係者の方々も会場まで足を運んでくださいました。たくさんのご声援、ありがとうございました。

ファイル 3581-7.jpgファイル 3581-8.jpg
 閉会式終了後、宿舎に戻る際に少し寄り道をして、猪苗代湖に行きました。日本第4位の大きさを誇る猪苗代湖で、今回の約一週間に及ぶ遠征の疲れを癒しました。

ページ移動