記事一覧

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #6

 私のホストファミリーの家族構成は、父と母と2人の子供です。父はとても面白く、いつも歌ったり変顔をしてきたりしていて、母はたくさん話しかけてきてくれます。子供は兄のサイラス9歳、弟のジョッシュ5歳とやんちゃ盛りの2人なので、いつも家は笑い声に溢れています。
そんな家族の、毎日の日課は、夜みんなで映画を観ながらアイスを食べることで、とてもあたたかい家庭だなと感じ、この家族と出会えてとても良かったです。
 残り5日の間にもっとたくさんホストファミリーと話し、多くの思い出を作っていきたいです。
ファイル 4235-1.jpgファイル 4235-2.jpg

ファイル 4235-3.jpgファイル 4235-3.jpg
 私のホストファミリーは、お父さん(Anthony)、お母さん(Amy)、おじいちゃん、6歳の女の子(Rylee)、5歳の男の子(Brayden)がいます。バディであるHaileyも同じ家に住んでいます。なのでHaileyとは朝食も昼食も夕飯も一緒であり、移動も一緒…つまり常に一緒です。そのおかげか、とても仲が深まってきています。
 Ryleeはよく私と遊んでくれます。Braydenはとても元気でRyleeと遊んだり、時には喧嘩をしたりしています。壮絶すぎて私が止めに入ったところ銃で打たれました。少し痛かったです。(泣)
 Amyは私によく話しかけてきてくれます。会話を盛り上げてくれます。とても優しい人です。家族団らんで何かをする、テレビを見るといったことはあまりないですが、正確な英語が喋れない私にわざわざ翻訳を使って教えてくれたり、本当に感謝しています。毎日がとても楽しいです。残りの時間も大事に過ごしたいと思います。
ファイル 4235-4.jpgファイル 4235-5.jpg

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #5

 ホストファミリーは私に過ごしはじめて、まだ一週間とは思えないほどよくしてくれています。
初めは不安で一杯でしたが、英語でなんというかわからないときは待ってくれるし、英語が間違っていることを教えてもくれます。 とても日本が好きな人たちで、日本語で毎晩 おやすみ と言ってくれます。 なので、みんながいるリビングで過ごす時間が段々長くなってきています。
 残り数日間もたくさん会話や発見が出来るように全力で楽しみたいと思います。
ファイル 4234-1.jpgファイル 4234-6.jpg
ファイル 4234-7.jpgファイル 4234-2.jpg

ファイル 4234-3.jpgファイル 4234-3.jpg
 ホストファミリーは私にとても優しく接してくれます。毎日学校が終わってホストファザーのところへ行くと、「今日はどうだった?楽しかった?」と私のことをいつも気にしてくれます。初めのうちは言っていることをなかなか聞き取れなかったり、どう言ったらいいかわからなかったりしましたが、1週間過ごすうちに慣れてきてたくさんコミュニケーションをとることができるようになりました。
 私のホストファミリーは両親どちらともFCAで先生や事務をしていて毎日疲れているのであまり外出はしませんが、いつも美味しい料理を作ってくれたり、家で一緒に映画を観たりして充実しています。
ファイル 4234-4.jpgファイル 4234-5.jpg

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #4

 ホストファミリーとの生活はとても楽しいものだと感じました。
 最初は、話していることがあまりわからなかったけど、今では少しづつですが会話ができるようになりました。不安ばかりありましたが実際にはそんなことはなく暖かく迎えてくれました。もちろん全部英語で話すので分からないところもありますがそれでもジェスチャーや自分の知っている単語を使ったら伝わるようになりました。毎日がとても楽しいです。
 残り1週間となったので、1日1日を大切にしていきたいです。
ファイル 4233-1.jpgファイル 4233-2.jpg
ファイル 4233-3.jpg

ファイル 4233-4.jpgファイル 4233-4.jpg
 ホストファミリーの方と過ごして今日で1週間が経ちました。初めは英語がわからない中、ジェスチャーなどを使い、なんとなく会話をしていました。ですが、今では英語が少しずつ聞きとれるようになり、話す事も出来るようになってきています。学校が終わるといつも「楽しかった?」「夜ご飯は何がいい?」と聞いてくれて、私を気遣ってくれます。私はその何気無い会話がすごく嬉しいです。
 また、2匹の犬、ジャズとサーシャも一緒に住んでいます。2匹ともとても可愛いです。特にジャズはすぐに私の膝に乗りにきてくれます。
残り1週間、どのくらい英語の力がつくか、どのくらい学ぶことができるかを意識して過ごしたいと思います。
ファイル 4233-5.jpg
ファイル 4233-6.jpgファイル 4233-7.jpg

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #3

 初めはホームステイ生活に対して、英語を使わなければいけない事への重圧感も相まって、とても緊張していましたが、ホストファミリーが『お腹空いてる?』・『シャワー浴びてくる?』などと色々と気遣いをしてくれて、今ではそのような緊張は全然ありません。毎日の時間がとっても楽しいです。
 先日、日本から持ってきたものを使って、一緒におにぎりや海苔巻きと味噌汁を作りました。初めて口にするモノに緊張していたご様子でしたが、「It’s so good!!!」と言ってくれたので、喜んでくれた様で良かったです。
 気付けばアメリカでの生活も残り1週間を切ってしまいましたが、さらなる発見や学びが出来るように、残りの時間も全力で過ごしていきます。
ファイル 4232-1.jpgファイル 4232-2.jpg
ファイル 4232-3.jpg

ファイル 4232-4.jpgファイル 4232-4.jpg
 私ははじめ、ホストファミリーと上手くコミュニケーションがとれるのか、とても不安でした。しかし、私のホストファミリーはとっっっっても優しく、毎朝、体調はどう?と気遣ってくれ、学校が終わると、今日の学校はどうだった?と、たくさん話しかけてくれます。なので毎日がとても楽しく、充実した日々を送ることができています。
 そして、今日はホストマザーとショッピングに行き、その後に友達のホストファミリーと合流して一緒にビュッフェを楽しみました。
また、ホストファザーは、まだここにいてほしいと言ってくれて、すごく嬉しいです。残り1週間ですが、一日一日を大切にしていきたいです。
ファイル 4232-5.jpgファイル 4232-6.gif

空手道部 女子練習試合(四日市商業高校)

ファイル 4231-1.jpegファイル 4231-2.jpegファイル 4231-3.jpegファイル 4231-4.jpegファイル 4231-5.jpegファイル 4231-6.jpeg

愛産大工業さんとともに、女子は三重県・四日市商業さんが来校してくれました。こちらも、先日の静岡遠征後に取り組んできたことがどの程度身に付いているかを判断する上で貴重な経験です。
本日の監督推薦女子選手は、1年生の伊藤寧優です。怪我人などにより4人でチームを編成しましたが、積極的に試合参加を続け、最後の団体戦では先鋒・大将の両ポジションにて出場しともに勝利してくれました。
なお、先日の静岡遠征に続き、3年生部員も練習試合に参加しました。先輩たちが背中で語ってくれたことをしっかりと受け止めてもらいたいと思います。

空手道部 男子練習試合(愛産大工業高校)

ファイル 4230-1.jpegファイル 4230-2.jpegファイル 4230-3.jpegファイル 4230-4.jpegファイル 4230-5.jpegファイル 4230-6.jpeg

8月25日、愛産大工業さんが来校して練習試合が行われました。先日の京都遠征・静岡遠征での反省点を意識して練習に臨んできましたが、それがどのように現れるか、期待しながら迎えた練習試合でした。
本日の監督推薦男子選手は、新・副キャプテンの加古春哉と1年生・榊原空良です。キャプテン不在の中、加古は積極的かつ安定感のある試合を重ねてくれました。また榊原は、先日の静岡遠征に同行できなかった悔しさを晴らすパフォーマンスを見せてくれました。

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #2

ファイル 4229-1.jpgファイル 4229-2.jpg
 初めはホストファミリーの人たちと仲良く出来るか心配していましたが、今ではそれは杞憂であったのだと思うようになりました。ファミリーは、とても優しい人たちでした。
 自分を学校から迎えに行って家に帰る時によくフローズンヨーグルトを食べさせてくれます。最近では一緒に映画や日本のアニメを鑑賞しています。アメリカの映画は内容を理解することができていませんが見ているだけでも面白いです。
 ところが今の自分の生活ではコミュニケーションが不足しているように感じます。いつも誰かが忙しくて話せないことがありますがせめて食事の時には話せるようにしたいです。

ファイル 4229-6.jpgファイル 4229-6.jpg
ファイル 4229-3.jpg
ファイル 4229-4.jpgファイル 4229-5.jpg
 わたしのホストファミリーはお父さんお母さんに加えて長女(11歳)、双子の女の子(7歳)、そして男の子(2歳)の6人家族です。いつも学校から帰ると子供たちが遊んでいて、とても賑やかです。部活動のため少し遅れて長女が帰ってくると、それぞれが食事を終えて家族みんなでテレビを見ます。家族全員とたくさん時間を共有できるときで、わたしが一日の中でいちばんすきな時間です。ホストファザーは日本のアニメが大好きで、みんなでドラゴンボールを見たこともありました。
 わたしは、いちばん面倒を見てくれるホストマザー、毎日送り迎えをしてくれる優しいホストファザー、そして本当にかわいい子供たちに囲まれてとても幸せです。

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #1

 アメリカの人たちと同じ生活を送り、アメリカの高校生と共に学ぶ。たったこれだけのことですが、しかしそれが、彼らの『糧』になる。これが、星城高校のアメリカ短期留学の醍醐味です。

 今日で1週間の生活が終わりました。そんなみんなに、この1週間の生活をレポートしてもらいました。複数回にわたって、お届けします。

ファイル 4228-5.jpgファイル 4228-5.jpg
ファイル 4228-1.jpgファイル 4228-2.jpg
 アメリカの地で英語を喋り、全く違う習慣に慣れるのには少し時間がかかりました。数日経ち、様々な環境に慣れてきて、今では家にいる時間が驚く程に充実しています。
 私のホストファミリーは大人数で食事をすることが多く、柔らかい雰囲気の中 食べる夕食はとても美味しいです。
 私の好きな時間は 夕食後にホストファミリーと会話をすることと、犬の散歩について行くことです。拙い英語でも理解してくれる事に喜びを感じ、もっと話せるようになりたいという意欲が湧いてきます。
水曜日にはほかのホストファミリーのお宅に遊びに行きました。そこでは日本の食べ物や文化などを友人と共にホストファミリーに紹介しました。慣れない英語を喋ることは大変だったけれど、コミュニケーションをとることは楽しく学ぶことが出来ました。
 そんなホストファミリーやその周りの人達が大好きで、残り時間を大切に過ごしたいです。

ファイル 4228-5.jpgファイル 4228-5.jpg
ファイル 4228-3.jpgファイル 4228-4.jpg
 ホストファミリーと生活を共にして約1週間。楽しい思い出を日々作っています。
 先日、私のホストファミリーの家で友達とプールに入って楽しいひと時を過ごしました。その時もホストファミリーは気を使ってくれて、バスタオルなどを用意してくれて本当に感謝しています。
 また、昨日の夕食にはミートソースパスタが出ました。それはとても甘くて美味しく思わず明日も作って!とお願いしてしまいました。
 そして今日私にとってとても嬉しいことが起きました。ホストマザーが私にもし時間があったらまたおいで、と言ってくれたのです。
 驚きもありましたが、それは一瞬で喜びに変わりました。本当にこのホストファミリーと出会えて幸せだと思っています。

【アメリカ短期留学】Church for young people & BBQ & Sports #2

そのあと、一行は gym へ移動。ここでも学生たちは様々なパフォーマンスを見せてくれました。
なんと言っても、圧巻なのはその『チームワーク力』と『パフォーマンス力』です。

https://youtu.be/zgiQULZaZqM ←動画はこちら!
ファイル 4227-7.jpgファイル 4227-5.jpg
ファイル 4227-1.jpgファイル 4227-2.jpg
ファイル 4227-3.jpgファイル 4227-4.jpg
ファイル 4227-8.jpgファイル 4227-6.jpg
gym の片隅で先生たちは、やさしく見守っています。

【アメリカ短期留学】Church for young people & BBQ & Sports #1

Period 2 終了後、学生たちと私たちは、ホールに集まりました。
ファイル 4226-1.jpgファイル 4226-2.jpg

そこでは、チャーチが始まるかと思いきや、学年・性別など、それぞれの小グループに分かれて移動。
ファイル 4226-3.gif

そのグループにて、真剣なミーティングが行われました。
ファイル 4226-4.jpgファイル 4226-5.jpg

今日のお昼は、バーベキュウ。 ハンバーガーやスナック、飲み物をもらい、足早に校舎の外へ! フェイスペインティングをする人も!? 当然、私たちもしていただきました。
ファイル 4226-6.gifファイル 4226-7.jpg

ここでも、それぞれのグループで、それぞれの活動や競争が繰り広げられました。それらを見守りながら、小腹の空いたおなかを満たしていきます。
ファイル 4226-8.gif

【アメリカ短期留学】The buddies who are supporting students #2

バディの紹介#2 です。
ファイル 4225-1.jpgファイル 4225-2.jpg
ファイル 4225-3.jpgファイル 4225-4.jpg

【アメリカ短期留学】The buddies who are supporting students #1

 あっという間に週末の金曜日を迎えました。みんな”疲れ”など、どこ知らず。朝からハイテンションです。今日は、お昼にBQQをするとか? う~ん、どこで何をするのでしょうか? 想像がつきませんが、楽しみです。

 今日は、いつも行動を共にしているバディを紹介します。みんなとても気さくで、笑顔がいっぱいです。
ファイル 4224-1.jpgファイル 4224-2.jpg
ファイル 4224-3.jpgファイル 4224-4.jpg
ファイル 4224-5.jpgファイル 4224-6.jpg
ファイル 4224-7.jpgファイル 4224-8.jpg

つづく・・・。

平成30年度 第1回 高校生川柳に3名が傑作賞入賞

ファイル 4223-1.jpgファイル 4223-2.jpgファイル 4223-3.jpgファイル 4223-4.jpgファイル 4223-5.jpg

 高校生川柳「川柳の庭」に3名の作品が傑作賞に入賞し、今日授賞式が行われた。

 高校生川柳「川柳の庭」は、星城大学が主催する文芸イベントで、星城高校は1学期末に現代文授業で作成し、300名あまりが応募した。
大学によると、応募総数2000点あまりの出展があり、審査により11作品を入賞とした。また星城高校が2度目の学校賞の「大賞」を戴いた。

 傑作賞入賞者と作品は以下の通り

2年 植田登哉 【音だけで 花火楽しむ 受験生】
2年 伊藤一夢 【色付箋 教科書に咲く 花畑】
2年 住友りりか【苦労して 覚えたけれど テスト出ず】

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #7

 昨日は、それぞれの家庭に遊びに行ったり、プールに入ったり、犬の散歩にいったり、買い物に出かけたり・・・、楽しい放課後を過ごしたようです。

 「毎日が楽しすぎる」「遊び疲れた(!?)」なんて言葉が聞こえてくる今日の朝ですが、みんなとても元気です。

 朝のミーティングの後、カレンさんと記念写真。そして、各教室へ散らばっていきました!
ファイル 4222-1.jpg

 Grade:11 の授業に参加している5人は、朝からテストを実施するということで、Period 1 ~ 3 まで校舎の中にある STAR BUCKS でリラックスタイム。
ファイル 4222-2.jpg

 授業に参加している人たちは、みんな真剣に取り組んでいましたよ!
ファイル 4222-3.jpgファイル 4222-4.jpg
ファイル 4222-5.jpgファイル 4222-6.jpg

 お昼は、いつも校舎の中にあるカフェテリアでとります。おいしいのですが、量が多すぎ。食べきれません・・・。
ファイル 4222-7.gifファイル 4222-8.gif

星城生放送予定告知~中京テレビ放送~

 中京テレビ放送局「まんなかチュウキョ~」に生徒数名が5日連続で登場しますのでここで告知申し上げます。

 *臨時ニュースやその他の関連により放送時間の変更や休止があることをご了承願います。
 
27日(月)ソフトボール部員 4:55&25:38頃
28日(火)ソフトボール部員 4:55&20:54&25:54頃
29日(水)バドミントン部員 4:55&20:54&25:27頃
30日(木)バドミントン部員 4:55&20:54&25:30頃
31日(金)ソフトテニス部員 4:55&20:54&25:49頃

国際親善試合が行われました~女子ソフトボール~

ファイル 4220-1.jpgファイル 4220-2.jpgファイル 4220-3.jpgファイル 4220-4.jpgファイル 4220-5.jpg

タイ国のU19女子ソフトボールナショナルチームの23名が来校し、今日は星城高校と国際親善試合が行われました。

タイ国U19女子ソフトボールナショナルチームは海外遠征(研修)で21日に来日しました。タイ国側が、先日の第18回全日本中学生男女ソフトボール大会で優勝したADR(愛知ドリームラッシュチーム:クラブチーム)に研修相手を依頼したことにより、その監督からの紹介で今日の親善試合に至りました。ADRチームや星城、県内高等学校チームとの試合が組まれているようで、9月2日(日)まで滞在し研修するのだそうです。
次節は30日(木)。星城高校ソフトボール場(9:00)にて研修会が行われます。

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #6

 Faith Christian Academy School Life 3日目を終えて、みんなの顔には『笑い』がいっぱい。友人との握手、会話、ハグも当たり前になってきました。

 それぞれの授業を回っています。
ファイル 4219-1.jpgファイル 4219-2.jpg
ファイル 4219-3.jpgファイル 4219-4.jpg
ファイル 4219-5.jpgファイル 4219-6.jpg
ファイル 4219-7.jpgファイル 4219-8.jpg

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #5

友人たちも、少しずつふえてきました。
ファイル 4218-1.jpgファイル 4218-2.jpg

 Faith Christian Academy School Life 初日を終えての、生徒所感の続きです。

K.S
 アメリカに着いて約3日間過ごして、アメリカにつくまでや、土日も家族旅行では行かないだろうところにも行くことができたりして、3日間でもたくさん経験ができました。
 ホストファミリーとは、どのように接していいのか、全くわからずに、不安でいっぱいでした。しかし、みんなとてもやさしくて、夜まで話し込んでしまうこともあって、とてもよくしてくれています。好きな食べ物や、仕事の様子、普段の生活など、いろいろなことを話すことができて、とても充実しています。
 今日始まった学校生活には、まだまだバディや先生の英語に着いていけないなど、たくさん課題はありますが、少しずつでも改善していきたいです。残りの約10日を楽しく有意義に過ごせるよう、会話以外でも努力したいです。

R.N
 長時間飛行機内で揺られ私は、アメリカ本土までやってきました。私にとってアメリカ本土は人生で初めてでした。初日と二日目は授業などの予定ではなく、アメリカを堪能し自分の留学期間中滞在する場所のことを知る時間でした。全力で楽しむつもりでした、しかし、ここで予想だにしないハプニングがみんなへと降りかかります。
 そう、それは時差ボケです。
 時差ボケはとても辛いです。治る間もなくそのまま海へ、行きました。しかし楽しむことは出来ました。
 churchにも参加しました。それはとても美しく素晴らしい不思議なものでした。そして今日ついにメインイベントの学校が始まりました。
 周りの人々は日本語がわかりません。なので英語を使うしかありません、この留学のメインなのだから。そして分かったことが相手に意志を伝えるのは言葉だけではありません。ジェスチャーやアイサインなどでも人々は意思疎通ができるのです。なんて人間は素晴らしいのでしょう。新たな発見を明日以降もさらに見つけていきたいです。

M.S
 アメリカに着いて約3日が経ちました。私にとって初めての海外旅行で、英語で会話できるか、生活できるか、正直不安でいっぱいでした。しかし初日の夜、ホストファミリーの方が暖かく迎えてくれたおかげでその不安な気持ちが楽になりました。
 1日目はNASAに行きました。惑星の映像を見たり、間近でロケットなどを見ました。宇宙について改めて知ることができました。
 2日目は午前中、教会に行きました。教会にはステージがあり、歌やドラムなどの楽器の演奏もありました。午後からCocoa Beachに行きました。海は、泳げないほど波が大きくて、飲まれてしまいました。でもすごく楽しかったです。
 そして今日3日目はFCAでの初めての授業がありました。全くわからない授業をいろいろと教えてくれたバディはとても優しくて話しやすいです。この3日間で、日本とは全く違うアメリカの暮らしを知ることができました。これからの11日間、1日1日を大切に過ごし、日本にはないもの、外国でしかできないことを見つけてきたいと思います。

ファイル 4218-5.jpgファイル 4218-5.jpg
私は、もう一つ大切な役目を持ってきました。
大丈夫、しっかりと果たしましたよ! その証拠写真!?です。(笑)
ファイル 4218-3.jpgファイル 4218-4.jpg

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #4

 Faith Christian Academy School Life 2日目です。朝のミーティングタイムにて、日本から持ってきたお土産、『有松絞り』のテーブルクロスとネクタイを、カレン先生とアンドリュー先生にプレゼントしました。
ファイル 4217-1.jpgファイル 4217-2.gif

 毎日の授業は、お祈りをすることから始まります。
ファイル 4217-3.jpg

 いくつかの授業の様子です。
ファイル 4217-4.jpgファイル 4217-5.jpg
ファイル 4217-6.jpgファイル 4217-7.jpg

ファイル 4217-8.jpgファイル 4217-8.jpg
 Faith Christian Academy School Life 初日を終えての、生徒所感の続きです。

Y.O
 日本を出てから約3日が経ち、最初はほとんど聞き取れなかった英語も耳が慣れて少しわかるようになったのが嬉しく思います。私は今回のアメリカ留学が初めての海外旅行で、しかもホテルに泊まるのではなくホームステイということに不安と期待が入り交じるという今まで経験しないような心持ちでした。
 けれど実際にホストファミリーに会ってみると彼らは気さくに、英語も私を気にかけてくれたのかゆっくり、わかりやすく話してくれました。
 そして今日、日本からのお土産のうどんを箸で食べました。とても難しい!と言っていたファザーも食事を終わる頃には箸に慣れ、俺って天才なのかも!と言っていて、微笑ましく思えました。
 まだ3日、されど3日をアメリカを過ごし、自分がどんどん成長して手に取るようにわかります。これからの11日間を有意義に使いたいです。

D.W
 自分にとってはこのアメリカ短期留学は初めてのことがたくさんありました。
 まず意外と小さなことかもしれませんが、飛行機に乗って海外に行ったことだけでもいろんな初めてのことがありました。飛行機の中は窮屈なイメージがありましたが全く逆でとても快適でさらに窓から見た外の景色は自分が今まで見てきた景色とは違ったものでした。
 NASAでは宇宙服を近くで見たりたくさんの写真を撮ったりしました。
 そしてホームステイ先の人たちはとても親切で緊張していた自分にもよくしてくれて毎回おいしい食事を出してくれたりしてとても優しい人たちで安心しました。FCAの人たちは面白くていろんなことをして楽しませてくれて一緒にいて飽きないような人たちでした。まだ3日でこれまでの体験が出来たのでこれからさらに新しい体験がたくさんやってくるだろうと思いました。

S.S
 家族と別れ、セントレアからこのアメリカという地に着いて3日が経ちました。正直、"まだ3日しか経ってないのか………"という感覚です。人生初の海外は視界に入るもの全てが新鮮で、興味深いものばかりです。おかげさまで濃厚な3日間を過ごさせてもらってます。
 学校の授業以外で英語を話すのは初めてだったので、不安しかありませんでしたが、ホストファミリーやバディは皆とても親切で、自分が訴えたい事を一生懸命読み取ろうとしてくれます。話したい事が向こうにきちんと伝わると凄く嬉しいです。
 今日からFCAでの学校生活が始まりました。日本での授業は先生の板書や説明をひたすらノートに書いていくという感じですが、ココでの授業は生徒同士でたくさん授業内容について話しています。中学時代の恩師に「書くより仲間同士で話した方が確実に内容を色濃く覚えられる」とよく言われていたものですが、それをFCAの生徒達は積極的に行っています。
 前述したように"まだ3日"しか経ってないので、残された時間を無駄にしない様にし、より沢山の経験・学びが出来るようにこれからも頑張っていきたいです。

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #3

ファイル 4216-1.gifファイル 4216-2.gif

 Faith Christian Academy School Life 初日を終えての、生徒所感の続きです。

K.T
 日本を出発してから3日が経ちました。最初は慣れなかったホームステイも少しずつ慣れてきています。ホストファミリーはとても優しく温かく、毎日楽しく過ごしています。バディーもとても優しく面白く、学校での生活も楽しいです。
 また、留学生メンバーと行ったNASAやビーチでは普段なかなか味わうことの出来ないアメリカならではの体験ができたので良かったです。
 そんな中、私が1番驚いたのはアメリカの授業です。授業は日本の学校では受動的なものが多いですが、アメリカの授業は能動的で、みんなが意見を言い合い、先生はそんなに口出しをしません。一言で言うと『自由』です。そんな環境でいきいきと授業を受けているから、外国の方々はコミュニケーション力が高く、様々な国で活躍されているのだと思いました。私もそんなコミュニケーション力を培う為に残り11日間を有意義に過ごしていきたいです。

S.I
 出発前からすごく緊張していました。ホームステイや外国の学校で授業を受けることは初めてで、上手く英語で話すことができるか不安に思っていました。
 ですが、ホストファミリーやバディーはとても温かく歓迎してくれて、落ち着いて会話することができました。また、普段使わない英語で意志疎通できたときはとても嬉しかったです。今日までの3日間はNASAやcocoa beachへ行ったり、FCAの授業に参加したり、とても良い体験をすることができました。
 アメリカの授業は日本の授業とは雰囲気が全く異なり、全員が自由に発言し、とてもにぎやかだと感じました。たくさんの学生が話しかけてくれたり、名前を呼んでくれて嬉しかったです。残りの期間もたくさん挑戦して楽しみたいです。

M.T
 約15時間飛行機に乗り、フロリダへと到着しました。飛行機の中で自分は上手く喋れるのか、単語がその場でパッと思い出せるのか、会話ができるのか、とても不安でした。その結果、ホストファミリーと対面したときなんて話せば良いのかがわからず体は動くものの声が全く出ませんでした。
 ですが、今では積極的に話に来てくれたり、自分から話に行ったりと、とても楽しく過ごしています。バディとは同じ家に住んでおり、その分話す機会が多いため仲がより一層深まっていってると思っています。
 初めての留学先での授業は正直よくわかりません。自分の英語力の低さがとても良くわかります。空いてる時間などを使い、文章の作り方や質問の仕方、聞き方、単語を調べたりなどをして残りの日数を自分のために頑張って勉強しようと思いました。