記事一覧

第27回愛知近県選抜高等学校ソフトテニス大会

ファイル 3382-1.jpgファイル 3382-2.jpgファイル 3382-3.jpgファイル 3382-4.jpgファイル 3382-5.jpgファイル 3382-6.jpg

 3月20日(祝)一宮市テニス場において、第27回愛知近県大会が行われました。4校リーグ戦で津商業高校に敗れ、予選リーグ2位でした。

 2位トーナメントでは、日進西高校、若宮商業高校、津島高校に勝ち、1位になりました。

 ご声援ありがとうございました。

【SGH活動】SGH甲子園~応援ありがとうございました~

ファイル 3379-1.jpgファイル 3379-2.jpg

 全国からSGH指定校・アソシエイト校84校、生徒1000人以上が参加したSGH甲子園が終わりました。
 残念ながら表彰にはいたりませんでしたが、10名の生徒達は良く頑張ってくれました。この生徒達の頑張り無くして、この場所には立てませんでした。また、保護者の皆様のご理解にも感謝申し上げます。
 ありきたりな言葉ですが、志を持つ同世代の高校生達の発表を目の当たりにして、生徒達は多くの刺激を受けました。もう、来年の出場を誓っています。この10名が来年度のSGH活動の核となって、新2年生、新1年生を奮い立たせてくれるものと期待しています。

【SGH活動】SGH甲子園 B班とA班の発表です

ファイル 3378-1.jpgファイル 3378-2.jpgファイル 3378-3.jpgファイル 3378-4.jpgファイル 3378-5.jpgファイル 3378-6.jpg

B班は地元豊明市に着目して発表を行いました。
タイトルは「外国人労働者の子弟の教育や進路状況と問題点」
A班は実際に地元企業を訪問し、聞き取り調査した結果を踏まえながら発表を行いました。
タイトルは「企業の海外進出を利用した男女共同参画」

【SGH活動】SGH甲子園 C班の発表です

ファイル 3377-1.jpgファイル 3377-2.jpgファイル 3377-3.jpgファイル 3377-4.jpgファイル 3377-5.jpg

C班の発表はSGH海外研修で台湾を訪問した経験を踏まえたポスターセッションを行いました。
タイトルは「台湾の教育の向上」です。

【SGH活動】SGH甲子園開会式です

ファイル 3376-1.jpgファイル 3376-2.jpgファイル 3376-3.jpgファイル 3376-4.jpg

全国からたくさんの高校生たちが集まりました。
熱い1日になりそうです。

空手道部 練習試合

ファイル 3381-1.jpgファイル 3381-2.jpgファイル 3381-3.jpgファイル 3381-4.jpg

 3/20、全国選抜出発を間近に控えるなかで東邦高校さんと愛産大工業高校さんにお越しいただき、練習試合をしました。試合数は少なかったですが、しっかりとした意識をもって試合をすることができました。

 本日の監督推薦選手は1年生の小林洸輝と川上雄大です。小林は課題をもって最後の試合を行ない、監督の指示を理解して実践することができました。本番でも同様のパフォーマンスを期待します。川上は、あと一歩の所で足踏みを続けていた状態でしたが、最初の試合では何か吹っ切れたような動きを見せてくれました。この感覚を忘れずに今後も続けてもらいたいです。

 なお、今回の練習試合に審判協力としてOBが駆け付けてくれました。昨年の大会で臨時監督にもついてもらった西垣翔太先輩(帝京大学)と、昨年に教育実習にも来ていた大原新汰先輩(駒澤大学)です。また、青山学院大学を卒業する鳥居玲奈先輩も東京に戻る途中で学校に立ち寄って挨拶をしてくれました。

 大分県から先輩方にいい報告ができるよう、頑張ります。

【SGH活動】いよいよSGH甲子園です!

ファイル 3375-1.jpgファイル 3375-2.jpgファイル 3375-3.jpgファイル 3375-4.jpgファイル 3375-5.jpgファイル 3375-6.jpg

 いよいよ明日がSGH甲子園です。

 星城高校は3チームエントリーしています。
 初めての大会出場で、生徒達も緊張していますが、ミスを恐れず、堂々と発表できたらと思います。
 休日返上で、練習にも熱が入ります。

空手道部 卒業生来校

ファイル 3380-1.jpgファイル 3380-2.jpg

 3/18、卒業生の安藤優弥先輩・山本篤海先輩が練習に駆け付けてくれました。全国選抜まであとわずか。両先輩のサポートで、この日の練習は男女とも充実したものになりました。

 写真は、カメラを近付けたときに何も言わずにポーズをとってくれた場面です。本日の練習内容とはまったく関係ありません。もう一枚は、最後にありがたいお言葉をいただいている場面です。

第3学期終業式・全国選抜大会壮行会・離任式

 今日は第3学期終業式。今年度の区切りの日です。寺田校長先生からは「成すまでやるで頑張って下さい。」と挨拶をしていただきました。
ファイル 3374-1.jpg

 終業式後は校内外の表彰を行いました。
☆校内表彰☆
・出席率優秀クラス
 1月 1年 1位:3組 2位:7組 3位:9組
    2年 1位:3組 2位:7組 3位:6組
 2月 1年 1位:3組 2位:5・6組
    2年 1位:3組 2位:5組 3位:9組
ファイル 3374-2.jpg
・欠席遅刻早退ゼロ週間達成クラス
 1月 2年8組
 2月 2年6・7組
・星城SGHアソシエイト活動成果発表会
 1位:9班 2位:10班 3位:8班
ファイル 3374-3.jpg
☆校外表彰☆
・レスリング部
 2017クリッパンレディオープン 
  カデット52キロ級 優勝・最優秀賞 五十嵐彩季
ファイル 3374-4.jpg
・ゴルフ部
 第37回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会中部地区予選
  優勝 神谷奈恵
ファイル 3374-5.jpg

 表彰後には壮行会が行われました。壮行会では校長先生と生徒会会長から激励の言葉をいただきました。
ファイル 3374-6.jpg
出場部活動は以下の通りです。
・空手道部
 第35回全国高等学校空手道選抜大会
  3月26日~28日 別府市総合体育館
・女子ハンドボール部
 第39回全国高等学校選抜大会
  3月24日~29日 グリーンアリーナ神戸
・レスリング部
 第60回全国高等学校選抜レスリング大会
  3月27日~29日 新潟市体育館
・ゴルフ部
 第37回全国高等学校ゴルフ選手権大会春季大会
  3月26日~30日 富士スタジアムゴルフ倶楽部

 壮行会後には離任式が行われました。今年度で星城高校をご退職される先生の紹介が行われました。離任者を代表して寺田志郎校長先生が挨拶をされました。
ファイル 3374-7.jpgファイル 3374-8.jpg
離任者は以下の通りです。
 ・寺田志郎先生(校長)  ・畠中公夫先生(総務)
 ・信川正史先生(数学)  ・竹井 寛先生(英語)
 ・古田郁子先生(英語)  ・辻村芳宣先生(理科)
 ・高柳知幸先生(数学)  ・吉田美香先生(国語)
 ・後藤佳子先生(養護)
 退職される先生方、これまで星城高校を支えていただき、ありがとうございました。

空手道部 篠原セミナー

ファイル 3373-1.jpgファイル 3373-2.jpg

 選抜を翌週に控え、篠原先生が来校してくれました。選抜前の最後の篠原セミナーです。本日は新入生も何名か参加し、活気ある練習となりました。

 大阪から毎回駆け付けてくれる篠原先生に恩返しできるよう、大分にて頑張ります。

空手道部 長野遠征

ファイル 3372-1.jpgファイル 3372-2.jpgファイル 3372-3.jpgファイル 3372-4.jpgファイル 3372-5.jpgファイル 3372-6.jpgファイル 3372-7.jpgファイル 3372-8.jpg

 長野県松本市にて開催された信州錬成大会に参加しました。ここ数年、参加できずにいましたが、今回は久しぶりの参加です。非常に多くの学校が集い、たくさんの試合経験を積むことができました。

 男女が別々のコートで動くため、今回の遠征では卒業生の春日井勝也先輩に同行をお願いしました。大会本部が組み合わせたリーグ(男子:青森北・水戸商業・花咲徳栄・日本航空・飯田風越、女子:聖和学園・光明相模原・上市・羽咋)を終わらせたのち、女子チームは水戸女子・大阪学芸・角田・花咲徳栄・帝京長岡・松商学園・川越・岐阜商業と対戦することができました(男子チームは春日井先輩が対応してくれました)。

 今回の監督推薦選手は、1年生の松下優里さんです。1年前までほとんど組手経験が無かったとは思えない上達ぶりに、会場入り後に雷を落とした黄木の機嫌も直りました。

 選抜まであとわずか。まだまだ万全のコンディションには程遠く調整も不足していますが、やるべきことをひとつずつこなしていきたいと思います。

平成28年度名南選手権ソフトテニス大会

ファイル 3371-7.jpgファイル 3371-8.jpg

 3月11日(土)、12日(日)パロマ瑞穂コートにおいて、名南選手権が行われました。

 本校からA,Bチームが参加し、予選リーグでは2チーム1位で決勝トーナメントに進みました。Aチームは準決勝で日進西高校を2-0,Bチームは準決勝で緑高校を2-1で勝ち、決勝は同校対決になりました。

 決勝はAチームが2-0で勝ち、昨年に引き続き優勝しました。
ファイル 3371-1.jpgファイル 3371-2.jpg
ファイル 3371-3.jpgファイル 3371-4.jpg
ファイル 3371-5.jpgファイル 3371-6.jpg

第37回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会中部地区予選 最終日結果

ファイル 3370-2.jpgファイル 3370-3.jpg

 第37回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会中部地区予選の最終日が10日金曜日に行われました。毎年レベルが上がり白熱した全国の切符をかけた戦いが繰り広げられました。この日のために日々練習を重ねてきた選手達は、今日も堂々とプレーをして頑張っていました。

 女子の部では、1年生の神谷奈恵選手が初日6位タイから順位を上げてプレーオフの結果、優勝することができました。
男子は2年生の吉田大雅選手と1年生の中川拓海選手が全国大会に出場することができました。

 星城高校からは3名の選手が、3月26からの全国高等学校ゴルフ選手権春季大会に出場します。ご声援ありがとうございました。

ファイル 3370-1.jpg
結果
 神谷奈恵(1年)74・74=148 優勝
 吉田大雅(2年)73・76=149 7位
 中川拓海(1年)76・78=154 15位
◇以上が全国大会出場

 菅原知勝(1年)76・81=157 24位タイ
 糟谷侑真(2年)82・86=168 45位タイ
 近藤世莉奈(2年)81・79=160 19位タイ
 吉田咲芙蘭(2年)86・88=174 37位

第37回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会中部地区予選 1日目

ファイル 3368-1.jpgファイル 3368-2.jpg

 第37回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会中部地区予選が岐阜県の富士カントリー可児クラブ可児ゴルフ場織部コースで3月8日(水)〜10日(金)の日程で行われています。

 9日の初日は高いレベルの戦いの中、集中力を切らさずプレーしました。10日の最終日につながるゴルフができたと思います。

結果
男子
 吉田大雅(2年)73、3位タイ
 中川拓海(1年)76、12位タイ
 菅原知勝(1年)76、12位タイ
 糟谷侑真(2年)82、43位タイ

女子
 神谷奈恵(1年)74、6位タイ
 近藤世莉奈(2年)81、24位タイ
 吉田咲芙蘭(1年)86、33位

 男子は17位まで、女子は8位までが全国大会に出場できます。
 この内に入って全国大会に出場できるよう頑張ります。ご声援宜しくお願いします。

交通講話~守ろう、交通ルール~

ファイル 3367-1.jpgファイル 3367-2.jpg

 愛知警察署より交通課警部補の清水重春様に来校していただき、講話をおこなってもらいました。

 自転車通学者に対して、基本的な交通ルールや罰則規定などを中心に話をしていただきました。日々の生活の中で起こる可能性のある事例から、生徒の身に起こったら、こうなりますよとわかりやすく話をしてくれました。

 交通事故は被害者になっても加害者になっても辛い思いをします。交通事故を減らすには、みんながルールを守り、思いやりの気持ちを持つことが大切です。みんなが幸せになるために交通ルールをきちんと守りましょう。

第37回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会 中部地区予選はじまる

ファイル 3366-1.jpg

 明日より第37回全国高等学校ゴルフ選手権春季大会中部地区予選が始まります。

 今日は公式指定練習で参加した7名の選手がラウンドを行いました。少し雪の影響でスタートが遅れましたが、無事ラウンドを終えることができました。明日からの試合に気持ちを集中させて頑張ります。

 一人でも多く全国大会に出場できるよう精一杯戦います。ご声援宜しくお願いします。

空手道部 荒賀セミナー

ファイル 3369-1.jpgファイル 3369-2.jpgファイル 3369-3.jpg

 岐阜県・一濤塾さんにお誘いいただき、大垣市にて荒賀セミナーに参加しました。今回のセミナーは、荒賀知子・龍太郎両選手によるセミナーです。普段、本校がお世話になっている篠原先生とは異なるアプローチもあり、新鮮な気持ちでセミナーに参加しました。なお、他の高校生も数校参加しており、選抜を直前に控えて試合形式もできました。

全国高校選抜大会激励会~星城生の活躍に期待!~

ファイル 3365-1.jpgファイル 3365-2.jpgファイル 3365-3.jpgファイル 3365-4.jpgファイル 3365-5.jpgファイル 3365-6.jpgファイル 3365-7.jpgファイル 3365-8.jpg

 本日、石田記念館で全国選抜大会に出場するクラブに対し、激励会が行われました。
 みなさんのおかげで全国大会に出場できるんだという感謝の気持ちを忘れずに、自信と誇りをもって全国で戦ってきてください。と寺田校長・中西隆父母の会会長・大竹寛同窓会会長から激励のお言葉をいただきました。また、浦野廣高星城懇話会会長から激励の品をいただきました。

 レスリング部キャプテンの森右秀君が選手代表として「両親や先生、また私達を支えてくださった多くの方々に感謝の気持ちを持って、期待に応えられるよう、全力で頑張り抜くことを誓います。」と宣誓しました。

 今年度、全国高校選抜大会に参加するのは以下の部活動です。
☆レスリング部
☆空手道部
☆女子ハンドボール部
☆女子バスケットボール部
☆男子バレーボール部

第34回 石田杯女子バスケットボール大会結果

ファイル 3362-2.jpgファイル 3362-3.jpgファイル 3362-5.jpgファイル 3362-6.jpgファイル 3362-7.jpgファイル 3362-8.jpg

 本校主催で昨日4日(土)から開催していた石田杯争奪女子バスケットボール大会2日目の今日、決勝トーナメントがおこなわれた結果、名古屋市立はとり中学校が優勝、2連覇で有終の美を飾った。
 「石田杯」は冒頭にも記したように本校主催の大会で、競技種目としては、剣道競技・柔道競技・女子ソフトボール競技と今回の女子バスケットボール競技の4競技を開催。何れも地元豊明市より後援を戴いて中学校生徒の健全な育成に寄与している。
 今年度大会は第34回目を迎え、県内中学校の女子バスケットボール部18校により開催。体育館は屋内とはいえ、2日間とも快晴に恵まれ盛況の中で終えることができた。選手の皆さんは日頃の練習の成果を存分に発揮してくれていたようだ。
 昨日は六つのリーグに分かれて3校による予選リーグがおこなわれた。決勝トーナメントに進出した中学校は、名古屋市立久方中学校・豊橋市立南稜中学校・名古屋市立はとり中学校・名古屋市立若水中学校・豊田市立井郷中学校・瀬戸市立幡山中学校の6校。殊に優勝のはとり中学校はスリーポイントシュートが巧く決まってその都度会場を湧かせていた。全国大会にも出場する本校のバスケットボール部員たちもそのプレーを絶賛。2年の浦町選手は「高確率で決まっていて素晴らしい。きちんとシステムが整っている」と賞賛コメント。
 このバスケットボール競技で今年度の石田杯はすべて終了。多くの方々にご尽力を戴き感謝申し上げます。

空手道部 桜空杯

ファイル 3364-1.jpgファイル 3364-2.jpgファイル 3364-3.jpg

 日本大学にて開催された桜空杯に参加してきました。今回の大会は、男子のみでの参加です。残念ながら、予選リーグ敗退でした。しかし、東京都・保善高校、茨城県・花咲徳栄高校、千葉県・秀明八千代高校と、関東の強豪校と戦うことができました。
 怪我人が多く万全のコンディションではありませんでしたが、全国選抜を意識して試合を経験することができました。