記事一覧

空手道部 桃太郎杯(本大会 女子個人組手)

ファイル 3869-1.jpegファイル 3869-2.jpeg

 団体戦終了後、女子個人組手が行われました。2枠のエントリーは、キャプテンの鈴木楓と2年生・畑野真悠です。
 1回戦スタートの畑野は長野県・松商学園が相手でした。残り数秒まで勝っていましたが、離れ側に上段蹴りをくらってしまい逆転負け、1回戦敗退です。
 鈴木は2回戦スタート。相手は大阪府・城南学園でした。圧に押されず、勝負をかけましたが、0-1で敗退です。
 本大会の女子部員監督推薦は、2年生・飯田もものです。団体組手3回戦のおかやま山陽との試合で先鋒として出場し、自分より大きな相手に臆せず勝負を仕掛けて勝ってきてくれました。

空手道部 桃太郎杯(本大会 男子団体組手)

ファイル 3868-1.jpeg

 女子団体戦に続き、男子団体組手が行われました。こちらは1回戦スタートです。こちらも、審判として身動き取れない顧問に代わり、卒業生・春日井勝也先輩が監督代行です。
 1回戦は兵庫県・夢野台高校。相変わらずですが、非常に動きが悪かったです。何とか3-2で勝利しました。2回戦は神奈川県・湘南学院高校。メンバーを2人入れ替え、心機一転臨みました。しかし、2-3の敗北です。

 団体組手が終わった後に会場の外周をダッシュしている加古春哉・小嶋清太の姿を見かけました。指示した訳でもなく、偶然外の空気を吸いに出たところでダッシュしてました。加古と小嶋は私に気付いていませんでしたが、2人の1年生の自主的なトレーニング姿に救われました。1年生大会では、本大会以上の活躍をしてくれるのではないかと思います。

空手道部 桃太郎杯(本大会 女子団体組手)

ファイル 3867-1.jpegファイル 3867-2.jpegファイル 3867-3.jpegファイル 3867-4.jpegファイル 3867-5.jpeg

 桃太郎杯本大会が始まりました。今年度の桃太郎杯は、北海道から沖縄県まで、115校約1500人という規模で開催です。多くの地区では選抜予選を控えており、しっかりと調整を続けています。東海地区は11月に選抜予選が終わり、星城は戦力の底上げを目指す時期。全国選抜の登録選手の座をめぐり、部内競争が続いています。今回の大会で、いいパフォーマンスをしてくれることを期待します。
 最初の種目は女子団体組手です。審判として身動き取れない顧問に代わり、3年生・安藤実紅が監督代行としてサポートしてくれました。星城高校は2回戦スタート。2回戦の相手は、昨日の練習会でも対戦した兵庫県・有馬高校です。先鋒は動きが硬く引き分けたものの、次鋒から大将までは勝利することができました。3回戦の相手は、開催校である岡山県・おかやま山陽高校。こちらは、ストレートで勝利しました。4回戦の相手は福岡県・博多高校。先鋒は勝利するものの、次鋒から副将までを1ポイント差で負けてしまい、ここで終了、ベスト16です。残念ながら入賞には届きませんでした。

空手道部 桃太郎杯(初日 女子練習会)

ファイル 3866-1.jpeg

 男子と合わせて女子も桃太郎杯です。女子は山梨県・日本航空、兵庫県・有馬、徳島県・徳島北、福井県・福井工大附属、兵庫県・長田、熊本県・熊本マリスト学園との対戦を組んでいただきました。こちらはすべて終わらせる事ができました。
 本日の女子監督推薦選手は、2年生・松下優里です。初戦の動きの悪さに定評のある本校空手道部ですが、その中でも松下は初戦から全開でパフォーマンスができました。

空手道部 桃太郎杯(初日 男子練習会)

ファイル 3865-1.jpegファイル 3865-2.jpeg

 正月恒例の桃太郎杯に参加しました。本日は練習会。目先の勝ちに拘らず、いろんな相手と戦う事ができました。また、普段は試合経験を積ませられない部員にも積ませる事ができました。
 本日は、山梨県・日本航空、群馬県・高崎商業、京都府・洛陽総合、広島県・如水館、兵庫県・神戸第一、福岡県・博多、と6校との対戦を組んでいただきました。残念ながら、博多高校さんとの試合は時間切れでやれませんでしたが、いい経験を積む事ができました。

 本日の監督推薦は、加古春哉です。日本航空戦で、自分よりアタマひとつ大きい相手に気後れせずに戦い、勝利する事ができました。

空手道部 卒業生集合

ファイル 3860-1.jpegファイル 3860-2.jpegファイル 3860-3.jpegファイル 3860-4.jpegファイル 3860-5.jpeg

 空手道部が始動した1月3日、たくさんの卒業生が顔を出してくれました。愛知学泉卒・渡辺隆裕コーチ、同期で帝京大学卒・西垣翔太先輩と弟で帝京大学卒・西垣敬祐先輩、愛知大学2年の前泊希成先輩、同期で近畿大学2年の丹羽喬也先輩、同期で愛知学院大2年の渡辺珠莉先輩、同期で社会人の伊藤鈴稀先輩です。
 多くの先輩が顔を出してくれたので、大変盛り上がりました。不惑間近の顧問も、年齢を顧みずにはしゃいでしまいました。おそらく明後日くらいから筋肉痛でしょう。
 卒業生の先輩方にいい報告ができるよう、現場を盛り上げていきたいと思います。

空手道部 信長杯(女子団体組手)

ファイル 3856-1.jpgファイル 3856-2.jpgファイル 3856-3.jpgファイル 3856-4.jpg

最後の競技は女子団体組手です。結果を報告します。

予選Aリーグ:2勝1敗1分で3位敗退

残念ながら、男女での決勝トーナメント進出はなりませんでした。この後も全国選抜までには多くの遠征・練習試合があります。今回の敗戦を糧にしていきたいと思います。

空手道部 信長杯(男子団体組手)

ファイル 3855-1.jpgファイル 3855-2.jpgファイル 3855-3.jpgファイル 3855-4.jpg

信長杯二日目は団体戦です。団体組手は予選リーグ上位2チームが抽選を行い、決勝トーナメントが行われます。男子の結果を報告します。

予選Dリーグ:5勝0敗で1位通過
決勝トーナメント:2回戦で岐阜商業高校に1-3で敗北

入賞はできませんでしたが、前日の個人戦同様に、久し振りのチーム戦で自分たちの立ち位置を確認することができました。

空手道部 信長杯(女子個人組手)

ファイル 3854-1.jpgファイル 3854-2.jpgファイル 3854-3.jpgファイル 3854-4.jpg

女子個人組手の結果を報告します。女子は-53kg級、-59kg級、+59kg級の3階級。2年生の伊藤璃乃が体調不良のため、急遽1年生の西久保有希が参戦です。こちらも、男子同様にいい経験ができました。

-53kg級:西久保有希・・・3回戦敗退、鈴木楓・・・3回戦敗退、松下優里・・・4回戦敗退
-59kg級:畑野真悠・・・3位入賞、西脇のん・・・1回戦敗退
+59kg級:飯田ももの・・・2回戦敗退

空手道部 信長杯(男子個人組手)

ファイル 3853-1.jpgファイル 3853-2.jpgファイル 3853-3.jpgファイル 3853-4.jpgファイル 3853-5.jpg

男子個人組手の結果を報告します。男子個人組手は-61kg級、-68kg級、+68kg級の3階級で実施されました。
入賞者は残念ながら出ませんでしたが、久し振りに他校選手との対戦であり、いい経験を積むことが出来ました。

-61kg級:鈴木啓真・・・1回戦敗退、竹重允人・・・3回戦敗退、伊藤颯彪・・・4回戦敗退
-68kg級:小林洸輝・・・2回戦敗退、佐藤成弥・・・4回戦敗退
+68kg級:鶴長康生・・・2回戦敗退

空手道部 信長杯(開会式 他)

ファイル 3852-1.jpgファイル 3852-2.jpgファイル 3852-3.jpgファイル 3852-4.jpgファイル 3852-5.jpgファイル 3852-6.jpgファイル 3852-7.jpg

12/23・24、ARCO清須にて第1回信長杯争奪空手道大会がおこなわれました。昨年度までは金鯱杯という名称でしたが、今年度からは信長杯です。全国各地区の委員長を理事にお迎えし、新たな組織が発足されての大会であり、北は北海道から、南は熊本県から高校空手道部が集結しました。なお、大会補助として駆け付けてくれた中京大学の学生のなかに本校卒業生もいました(写真左から2番目)。
なお、例年の金鯱杯同様に、本校保護者には大会運営のスタッフとして活動していただきました。保護者の方々に早朝から多くの仕事を行なっていただき、何とか大会が無事に行なえました。いつもありがとうございます。
「応援は拍手のみ」とされている高校空手道の世界で、新たな取り組みが試されました。スティックバルーンを用いた応援団の結成です。全国高体連からの要請で、星城高校空手道部が今回の信長杯で試験的に実施することになりました。いつもとは異なる状況に、会場も大変盛り上がることができました。

空手道部 鍋イベント(キムチ鍋)

ファイル 3843-1.jpgファイル 3843-2.jpgファイル 3843-3.jpg

 何故か若干のカレー臭が漂う本校空手道場で、新たなる挑戦としてキムチ鍋パーティーです。今回のゲストは、普段の練習前・練習後に率先して雑用をこなしてくれている1年女子部員。シェフは顧問の黄木です。暖かい鍋を囲み、身体も心もポカポカになってくれたと思います。

空手道部 一級審査会合格

ファイル 3842-1.jpg

 12/9に実施された高体連一級審査会に、本校から4名の部員が受験しました。受験者は普段の部活動だけではなく、早朝練習や全体部活後の居残り練習、帰宅後に特別練習など、努力を重ねてきました。その結果、無事に4名とも合格することができました。しかし、形も組手も昇段審査をクリアするにはまだまだ力不足。2月に行われる昇段審査に合格できるよう、練習を重ねていきます。

空手道部 鍋イベント(カレーパーティー 2)

ファイル 3829-1.jpgファイル 3829-2.jpgファイル 3829-3.jpg

 先日のカレーパーティーに気を良くした顧問の思い付きで、再び鍋イベントが開催されました。今回も肉カレーです。今回は調理サポートとして、女子力の高さに定評がある?星城高校空手道部の1年・西脇のんに肉を担当させました。また、試食サポートとして女子力では西脇に劣らぬ2年・伊藤璃乃が最終チェックを担当するという万全の体制での実施です。
道場の汗臭さがカレー臭さに変わってしまいました。

空手道部 卒業生来校

ファイル 3827-1.jpgファイル 3827-2.jpgファイル 3827-3.jpg

先日、歴代キャプテンが来校してくれたのに続き、また卒業生が顔を出してくれました。愛知大学2年・前泊希成先輩、近畿大学2年・丹羽喬也先輩、愛知学院大学2年・渡辺珠莉先輩、愛知学院大学1年・小林勇輝先輩です。大学空手で学んだことを、本校部員に伝えてくれました。
先輩方、ありがとうございました。

空手道部 篠原セミナー

ファイル 3826-1.jpgファイル 3826-2.jpgファイル 3826-3.jpgファイル 3826-4.jpg

 12/16、先日の世界大会で優勝した篠原先生にお越しいただき篠原セミナーが開催されました。海外遠征や世界大会で忙しい日程のなかですが、わざわざ本校に足を運んでくれます。1日という短い時間でしたが、大変有意義な練習でした。

空手道部 鍋イベント(カレーパーティー)

ファイル 3811-1.jpg

朝晩の冷え込みが厳しくなりました。そんな寒さを吹き飛ばすイベント、鍋イベントが行われました。活躍してくれるのは、昨年に本校空手道部の一員となった「大鍋クン」です。記念すべき平成29年度最初の鍋イベントは、カレーです。具材は肉、肉、肉。肉のみを投入したカレーの登場で、練習後に疲れた身体も癒やすことができました。
なお、無計画な顧問が大量に調理したカレーを食べきるため、バレーボール部男子・バドミントン部女子・ハンドボール部女子・バスケットボール部女子の部員にも協力してもらいました。
今後も顧問の思い付きで鍋イベントが企画されます。楽しみにしておいてください。

空手道部 歴代キャプテン集合

12/3、歴代キャプテン3人の卒業生が練習に参加してくれました。平成21年度キャプテンの池上幸大・平成23年度キャプテン下置麻莉・平成24年度キャプテン熊本美里愛の3名です。3名のキャプテンに声をかけて集めてくれたのは、以前本校で家庭科教員として勤務していた松本彩先生です。突然のOB・OG来校に、ピリッとした練習になるかと思いましたが、松本先生・熊本先輩が連れてきた子供たちの存在で和やかな練習となりました。
ファイル 3812-1.jpg
先輩方、また来てくださいね。

空手道部 日輪杯(男子)

 女子とともに男子も参加しました。大会結果は下記の通りです。

〇高校生男子組手
  第3位:小林洸輝
ファイル 3790-1.jpg
ファイル 3790-2.jpgファイル 3790-3.jpg
 こちらもプレ競技である団体戦では敗退してしまいました。女子とともに、足りない部分が何なのかをしっかりと反省して今後に繋げていきたいと思います。
ファイル 3790-4.jpg
 今回の監督推薦は、監督の黄木です。選手を抑えて2回目の登場です。Eコートの審判団に配属された黄木は、高体連の大会では見たことがないほどのフル回転で審判をしました。あまりに珍しい光景に、部員たちも激写していました。

空手道部 日輪杯(女子)

ファイル 3789-1.jpg
 日進市にて開催された、日輪杯に参加しました。1年生がテスト週間であるため、2年生のみでの参加です。大阪や東京など、県外からも多くの選手が集いました。大会結果は下記の通りです。

〇高校生女子組手
  準優勝:飯田ももの、第5位:畑野真悠
ファイル 3789-2.jpgファイル 3789-3.jpg
ファイル 3789-4.jpgファイル 3789-5.jpg
 なお、プレ競技として行われた団体戦では、昨年に続いて優勝とはなりませんでした。全国選抜出場を決めて少し気が緩んでいたところもあったかと思いますが、いいタイミングで気持ちを引き締めることができたと思います。

ページ移動