記事一覧

1年生オリエンテーション合宿~到着・入所式・校長講話~

ファイル 4494-1.jpgファイル 4494-2.jpgファイル 4494-3.jpgファイル 4494-4.jpg

 1年生オリエンテーション合宿は、無事に美浜少年自然の家に到着し、活動を開始しました。
 入所式では8組級長・竹内遥飛君が代表をして挨拶をしました。また、美浜少年自然の家でお世話になるための注意点などを話をしていただきました。
 校長先生からは星城生として頑張るために必要なことを話していただきました。
 午後からは野外炊飯を行うクラスと学級活動を行うクラスに分かれます。

1年生オリエンテーション合宿~出発~

ファイル 4493-1.jpgファイル 4493-2.jpgファイル 4493-3.jpgファイル 4493-4.jpg

 今日から、1年生は美浜少年自然の家でオリエンテーション合宿を実施します。先ほど、1組から10組までバスに乗り込み、美浜に向けて出発をしました。オリエンテーション合宿では級友と親交を深めるとともに、星城生として自覚ある行動ができるように様々なことを学びます。

平成31年度愛知県高等学校総合体育大会ソフトテニス競技名南予選

4月20日(土)パロマ瑞穂コート・若宮商業高校において、
平成31年度県総体名南予選個人戦が行われました。
ファイル 4492-1.jpgファイル 4492-2.jpg
ファイル 4492-3.jpgファイル 4492-4.jpg

本校から7ペア出場し、緒方・向内ペアが2位、則竹・鍋島ペアが3位、
佐藤・堀、倉田・落合ペアが9位でした。
ファイル 4492-5.jpgファイル 4492-6.jpg
ファイル 4492-7.jpgファイル 4492-8.jpg

5月19日(土)一宮市テニス場で行われる県大会では頑張ってほしいです。

空手道部 国体予選

ファイル 4491-1.jpegファイル 4491-2.jpegファイル 4491-3.jpegファイル 4491-4.jpegファイル 4491-5.jpegファイル 4491-6.jpegファイル 4491-7.jpeg

4/21、愛知県体育館で国体予選が行われました。新年度最初の公式戦です。上位進出選手の結果を報告します。

●少年男子組手・・
 伊藤颯彪 優勝
 加古春哉 準優勝
 佐橋佑星 第3位
 佐藤成弥 第5位
 松久保喜生 第5位
●少年女子組手・・
 伊藤寧優 準優勝
 谷川紋音 第5位
 田中雪華 第5位
●少年男子形・・
 高木智貴 準優勝
 榊原空良 第4位
●少年女子形・・
 上位進出なし

高体連の公式試合ではありませんが、国体出場をかけた一次予選です。緊張感を持って戦ってきてくれました。今日の試合で結果を出せた選手は、さらに高みを目指して県総体に向けて練習をしてもらいたいです。また、結果を出せなかった選手は改善点を意識して練習を続けてもらいたいと思います。

【サッカー部】 東尾張地区リーグ

ファイル 4490-1.jpgファイル 4490-2.jpg

4月13日(土)に東尾張地区リーグ2戦目が春日井商業グラウンドで行われました。

4-0で勝利し、リーグ戦結果は1勝1敗です。

星城高校サッカー部の応援よろしくお願いします。

平成31年度 奨学生任命式が執り行われました

ファイル 4489-1.jpgファイル 4489-2.jpg

本日、奨学生任命式が行われました。
第一部は、スポーツ奨学生の任命式です。野球部・レスリング部・柔道部・剣道部・バレーボール部・バスケットボール部・ソフトボール部・空手道部・バドミントン部・ハンドボール部の奨学生の生徒たちが緊張した面持ちで式に臨みました。
第二部は、仰星コースや特進コースなどの学力奨学生の任命式です。

一人ひとりの名前が読み上げられたあと、代表の生徒が任命状を受け取りました。

その後、学園長先生からの訓辞をいただきました。
「努力の継続と日本のみならず、世界のリーダーになるべきその責任を果たしてほしい。」とお話されました。

四方校長先生より、
「On the Pitch だけでなく、Off the Pitch でも、星城高校の模範生として活躍してほしい。」などのお話がありました。

最後に、仰星コース3年生の尾之内さんより、「学校生活でみんなの模範になるように、頑張っていきます」と、決意表明を行いました。

【野球部】【ダンス部】応援練習

ファイル 4488-1.jpgファイル 4488-2.jpgファイル 4488-3.jpg

 明日から、第69回愛知県高等学校優勝野球大会が始まります。

 第1戦は日本福祉大学附属高校と、10:00から阿久比球場で対戦します。

 また2回戦は、14日(日)12:30から刈谷球場で行われます。

 選手をはじめ、サポートメンバーも応援のダンス部も練習に熱が入っています。応援宜しくお願いします。

 一戦一戦、選手も応援団も頑張ってください。

生徒指導部講話 ~ インターネットの安心安全な使いかた ~ 

ファイル 4487-1.jpgファイル 4487-3.jpg

 本日は、株式会社クロップス 前原 岳志様にご来校頂き、インターネットの安心安全な使い方を教わりました。

 無料通話アプリやSNSは、私たちの生活には欠かせない存在となっています。とても便利なものです。しかし、使い方を誤ったり悪意のある使われ方をすると、取り返しのつかないことが起こるかもしれません。

 そんなことをしっかりと知識として吸収し、活用していきましょう!

【1年生】新入生歓迎会

本日の5,6時限目、新入生歓迎会が行われました。

ファイル 4486-7.jpgファイル 4486-2.jpg

生徒会の方々が中心となって、各部活動の紹介を行いました。

ファイル 4486-3.jpgファイル 4486-4.jpg

前半を文化部、後半を運動部が担当し、
各部活動、趣向を凝らしたパフォーマンスをしました。

ファイル 4486-5.jpgファイル 4486-6.jpg

新入生の皆さんがどの部活動に参加するか、楽しみです。

ファイル 4486-1.jpgファイル 4486-8.jpg

【3年生】学習指導部講話・小論文講座など

新学期が始まって4日目。
3年生は午前中3時間は、新学期のオリエンテーション行事が続きました。
1限目は、学習指導部講話。
主任の高先生から、●社会に出たら ●なぜ勉強するの?などの
テーマでお話をしていただきました。
ファイル 4485-1.jpgファイル 4485-2.jpg

学力とは、
①学びに向かう力、人間性など
②知識・技能
③思考力・判断力・表現力  である。

特に、③の力が不足しているのではないか?

社会人として必要なのは、
①時間を守る  ②ふさわしい服装をする
③やるべきことを自分で見つける  ④話し方のマナー
⑤責任感  などである。

その後、なぜ勉強するのか? 明確な答はないとしながら、歴史的な人たちの言葉を引用しながら、勉強する意味をお話ししていただきました。
最後に、
「3年生の1年間も、卒業してからも、ずっと勉強し続けよう!」
とエールをいただきました。

ファイル 4485-3.jpgファイル 4485-4.jpg

2限目は、名英ガイダンスセンターの藤井先生から、
小論文フォローアップ講座を受けました。

受験でも社会に出てからも、文章がきちんと書ける力はとても大切です。
今日の講座の内容をしっかりと理解し、来週行われる小論文テストで、成果が出るといいですね。

クラス写真・個人写真撮影

ファイル 4484-5.jpgファイル 4484-6.jpg
ファイル 4484-1.jpgファイル 4484-2.jpg
ファイル 4484-3.jpgファイル 4484-4.jpg
新学期が始まって3日目。
少しずつクラスにも慣れてきた様子です。

今日は、個人写真とクラス写真の撮影を行いました。

空手道部 長野遠征

ファイル 4483-1.jpegファイル 4483-2.jpegファイル 4483-3.jpegファイル 4483-4.jpeg

4/7、新年度最初の遠征です。長野県・松商学園さんにお邪魔しました。2校だけでの練習試合であり、半日でしたが多くの試合形式を行う事ができました。

今日の監督推薦は、2年生・堤健斗です。先日の校内試合でAチーム(10名)入りしたばかりですが、今日のパフォーマンスは監督を大いに満足させてくれました。最後はフルメンバーの1人に選出しました。堤は昨年の年度末から部内のポジションを急上昇させています。この勢いを続けていってもらいたいです。同時に、堤の勢いに押されたメンバーには奮起を期待します。

平成31年度始業式

ファイル 4482-1.jpgファイル 4482-2.jpgファイル 4482-3.jpgファイル 4482-4.jpgファイル 4482-5.jpgファイル 4482-6.jpgファイル 4482-7.jpg

平成31年度1学期が始まりました。
 真新しい制服の少し緊張した新入生を始め、全校生徒が明徳館に集まって始業式・対面式が行われました。

始業式で四方校長先生から
4月は学校にとっての新年。過去にとらわれず新しい決意で、新しいことに挑戦する。今この瞬間を大切にして学校生活を送りましょうと式辞かありました。

続いて、新任紹介が行われました。新任を代表して伊藤泰臣先生が挨拶をされました。
新任の先生方は以下の通りです。
伊東泰臣先生、市川裕一先生、安保章一先生、
大木慶志先生 、石川邦利先生、櫻井愛先生

次に、表彰が行われました。
 校内表彰
  創立者石田鏇徳先生奨学生(創立者の遺志による奨学生)の表彰です。
  次の4名の生徒が表彰されました。

  3年7組 鈴木千貴  3年10組 住友りりか
  2年4組 服部到   2年1組 八田さくら

校外表彰
  成果を上げた部活動(個人を含む)の表彰です。
  空手道部 伊藤颯彪、ソフトボール部、ラグビー部、ハンドボール部が表彰されました。

最後に対面式が行われました。
 先ず対面して挨拶が行われました。続いて新入生代表からの挨拶の後、生徒会長が歓迎の言葉を述べました。

【3年生】進路指導講話(進学)

ファイル 4481-1.jpgファイル 4481-2.jpg

始業式のあと、進学希望者と就職希望者に分かれて進路指導講話を行いました。
大学や専門学校などの進学希望者は、キャリアセンター長の加藤先生の講話を聞きました。

①大学が入学定員を守らなければならなくなった数年前から、
 大学入試が厳しくなっている
②現2年生からは、大学入試センター試験が廃止され、
 共通テストになるため、大きな変化がおこる。
 そのため、3年生はできるだけ浪人せずに、進路決定をしていこう。
③AO入試や推薦入試の割合が高くなっている。
 自分が何で勝負できるのか?
 小論文は書けるのか?
 学力が必要だが、それ以外に様々な力が必要になってくる。

などのお話を聞きました。

自分の希望する大学や専門学校に合格できるよう、
しっかりと取り組んでいきましょう。

平成31年度 入学式

ファイル 4480-1.jpgファイル 4480-2.jpgファイル 4480-4.jpgファイル 4480-5.jpgファイル 4480-6.jpg

 春の風が暖かな、佳き日となりました。今日は入学式です。春めいた天気と満開の星城桜が、お祝いの演出をしてくれたかのようです。

 入学者数は、433名。入学を祝福するとともに皆さんを歓迎します。星城チームの仲間入りです。

 来週は、全校生徒が集まって、始業式が行われます。いよいよ高校生活3年間の始まりですね。これから始まる高校生活をぜひ我々教職員と共に充実したものにしていきましょう。

入学式(祝電披露)

ファイル 4479-1.jpgファイル 4479-2.jpgファイル 4479-3.jpgファイル 4479-4.jpgファイル 4479-5.jpgファイル 4479-6.jpgファイル 4479-7.jpg

桜が満開の中、入学式が行われました。

出身中学校などから祝電をいただき、ありがとうございました。
式中では、ゆっくりご披露ができなかったので、
ここで披露させていただきます。

合同発表会終演!・・・新入部員募集!!【演劇部】

ファイル 4478-1.jpgファイル 4478-2.jpgファイル 4478-3.jpg

みなさん、おはようございます。
無事、合同発表会を終演することができました。
25分という短編劇を行いましたが会場が一体となって劇を作れたこと、
観客のみなさんに笑顔になっていただいたことは本当に嬉しいことでした。

終演後、いろいろな学校の先生や生徒さんから、
「星城のファンになりました」「星城推しです」という
嬉しい言葉もたくさんいただけました。
残念ながら賞をとることはできませんでしたが、この言葉を活力とし
次の地区大会へ向けて練習していきたいと思いますので
応援よろしくお願いします。

そのためには、星城へ入学してくる新入生のみなさんの力が必要です。
「文化部ってなにやってるの?」「演劇部ってちょっと恥ずかしいかも・・・」
そういう風に思っていませんか?

一度見てください。運動部と変わりません。目標に向かって頑張ることは一緒です。
「運動は苦手だけどなにか、やりたい・・・。」
「新しいことを始めてみたい!」
「演技するのは嫌だけど、ライブハウスの音響や照明はいじってみたい!!」
「DIY・・・大道具とかつくってみたい!!!」
そういう気持ちが一つでもある新入生の皆さん、お待ちしています。

練習日程等は部員が少ないため部員同士で相談して決めます。
場所も教室だったり、部室だったりみんなで決める部活です。

写真は、大会で行われた速報アンケートと新入部員募集のチラシです。

【オーストラリア短期留学】順調に帰国の途にあります

ファイル 4477-1.jpgファイル 4477-2.jpgファイル 4477-3.jpgファイル 4477-4.jpgファイル 4477-5.jpgファイル 4477-6.jpgファイル 4477-7.jpgファイル 4477-8.jpg

 今日はバララットを出て帰国の途につく日です。

 MCCの学校では土曜休日を返上で、ジェシー教頭を始め国際交流担当の先生方も私たちのために出勤され、見送っていただきました。

 簡単ではありましたが、短期留学完了の認証授与式が行われ、別れを惜しむようにバスに乗り込みMCCを離れました。

 現在、シンガポール空港で乗り換え待ちです。順調に来ています。生徒の皆さんも元気です。セントレアには予定通り8:30頃に到着を予定しています。便名は「SQ672便」です。

【オーストラリア短期留学】~マルチカルチャーデーを地元紙が報道~

ファイル 4476-1.jpg

https://www.thecourier.com.au/story/5981588/lessons-in-culture-as-mount-clear-college-celebrates-its-first-multicultural-day/
バララット マウント クリア カレッジ(MCC)が創立以来、初めて「マルチカルチャーデー」を開催。地元「バララット紙」が取材し今日30日の朝刊に掲載され、バララット市内を中心に広く報道された。
 若い中高校生を対象に人種間の習慣・文化の違いを理解させ、差別や誤解の解消を目的としたMCCの取り組みは、在校生にとどまらず、近隣住民、生徒の親たちをも巻き込んで盛大な開催に至った。また、多国人種で構成されているオーストラリアの社会問題の解消のため、関係諸国がそれぞれの代表的な文化を紹介するパフォーマンスを積極的に披露する機会となった。
 このマルチカルチャーデーは、我々の短期留学の期間とたまたまバッティングしたこととはいえ、イベント開催のことは事前に知らされており、午後から行われるワークショップに参加する予定で準備し渡濠に至った。おこがましくも日本を代表するかのような形になったようだ。
 私たちがおこなったことは「書道パフォーマンス」である。「書道パフォーマンス」は、大きな紙に、大きな筆を使用し、ダンス要素やBGMを加えた「書道甲子園」を想定されがちだ。しかし星城生たちは地味に、ゲストの名前を「カタカナ・ひらがな・漢字」で書き分け、プレゼントしたにすぎない。
 新聞の報道では、マルチ カルチャー デー主催のMCCが取り組んだ企画や目的・意義など文中に説明されてはいるが、写真だけを見ると「日本の書道」だけがクローズアップされたように見て取れて恐縮してしまう。写真は、書道を披露している私を、チャイナドレスにドレスアップしたMCC生徒が観察している。謂わば、オーストラリアと中国と日本との「文化の融合を象徴」しているものと理解してほしい。

 振り返ってみるととても重要なことに協力できてとても嬉しい。今朝起きてみると新聞の3ページ目にどでかく報道されて驚いたわけだが、MCCでも教頭先生をはじめとしたStaffから Famous SEIKAN Teacherとはやし立てられ、冗談だとわかっていても有頂天になってしまった。星城生も私も、MCCにきちんと協力できてとても良かった。

【オーストラリア短期留学】《最終回》報告レポート

 こちらは報告レポートです。
 今日はオーストラリア滞在最後の夜です。このミッションに参加した価値・成果・喜び・想いなどを述べてもらいました。
 
*学年は旧学年表示で、順番は提出順です。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
仰星コース1年 音部ゆの (星城中学校出身)

 昨年の語学研修とは違い、今回はホームステイによるものです。ホストファミリーの家に到着すると、機内泊の後で疲れていた私は、とても早口に話すホストマザーとの英会話に戸惑ってしまいました。しかし、St Alypious小学校ではたくさんの子供たちの相手ができてとても楽しく会話ができました。子供たちの英語はクセがなく聞き取りやすかったです。私はホストマザーが準備した水筒をAlypious小学校に忘れるという失敗をしてしまいました。失敗は反省していますが、トラブルを英語でラング先生に報告し相談し、英語で解決することができました。オーストラリアの方々の親切心に感謝しています。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
仰星コース1年 音部かの (星城中学校出身)
    
 短期間でも学んだことが沢山ありました。一人の女性が私たちに「写真を撮りましょうか」と声をかけてくださいました。困っている人を見かけると瞬時に気づき、恥ずかしがることなく助けようとしてくれました。また、ホストファミリーは、私が理解できないでいると、終始笑顔でゆっくり丁寧に何度も話してくれました。沢山の親切に触れることが出来ました。
 私の目標は積極的に話しかけることでした。最初はなかなか勇気が出ずに戸惑ったこともありましたが、日を重ねるにつれて自信がつき積極的に話せるようになりました。
 生涯に残るだろう大切な思い出と英語力の向上とともに、たくさんの人の優しさをいただき、自ら行動する事の大切さを学びました。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
仰星コース1年 渡邊大樹 (刈谷市立刈谷南中学校出身)

 私は昨年の夏にアメリカ短期留学に参加しました。ある一家庭だけで判断するのはおこがましいのですが、私の感じたオーストラリアとアメリカの人たちとの違いを振り返ってみました。オーストラリアの人たちは家族や親戚ぐるみのホームパーティーや野外バーベキューなどが多くて人と人との繋がりが強固です。ほぼ毎日外出をしていて家にいることの方が少なく、開放的です。共通する点は言語が同じというだけで、アメリカとオーストラリアは全く違う習慣や国であるということを改めて理解しました。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
普通コース1年 宮崎一輝 (名古屋市立津賀田中学校出身)

この留学で多くのことを学びました。カルチャーショックといった方が近いです。洗濯習慣、お風呂習慣、気候の違い。甘すぎる味、土地の広さ、部屋の雰囲気…揚げたらきりがありません。文化の違いをまざまざと実感しました。学校で学んだ私の英語の発音は通用しません。クラスの様子も違います。日本と比べて、良いところもあれば、疑問なところもたくさんありました。日本のまずい所も考えさせられました。どちらが本当なのだろうと。
 その結果、何事も受け入れなければならないことにたどり着きました。受け入れる大きな器を持った、寛容な人格を目指そうと思います。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
仰星コース1年 吉川 雅 (名古屋市立東陵中学校出身)

 今回の留学で驚いたのは、街中でも出会った人どうしが必ず笑顔でHey girl! How are you?と呼びかけていることです。これは日本が学ぶべきオーストラリアのとてもいいところです。私のホストマザーもとても親切にしてくださいました。いつも私のことを気遣ってくれました。このようなオーストラリアの方の優しさにたくさん触れることができました。私は彼らのように、親切を当たり前にできる人になりたいと心に誓いました。
 目標としていた「積極的に話すこと」は十分に達成できたと思っています。自信もつきました。このような貴重な機会を与えてくださった先生方や両親に感謝です。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
文Ⅰコース2年 柴田実優 (三河中学校出身)

 オーストラリア短期留学は2度目です。昨年は、ほとんど会話や行動に至らず、何もできませんでした。さすがに今回は、自分から、自分の意見を伝えコミュニケーションをとることができました。そういう意味で楽しかったし成長しました。ホストファミリーには中国からの留学生もいて、学校では彼女が私のバディでした。常に一緒だったので、特に会話が弾み、仲良しになりました。バディーに恵まれ感謝しています。目標に掲げた「ホストファミリーやバディと仲良くなること。積極的に会話をしてコミュニケーション能力を高めること」は自分なりに達成出来ました。
 星城高校の短期留学に何度も参加し、徐々に自分の意思を伝えられるようになり、強くなれたと思います。このような経験をさせていただいた親に感謝します。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
特進コース1年 棚橋里衣 (名古屋市立神沢中学校出身)

 人生初めての短期留学でした。ホストファミリーに上手く伝えることができず、困ってしまうことばかりでした。そんな私にたいし最後までしっかり聞いてくれて、応えてくれました。またAlypiou小学校へ訪問した際、その子は勉強したての日本語で自己紹介をしてくれました。しかし私は聞き取ることができなくて何回も聞き返したのに、彼女は私に聞き取れるように何度も繰り返してくれました。そんな健気さに感動しました。
 オーストラリアの方はなんて優しい人が多いのでしょう。私の英語でも伝わることができて嬉しかったです。いろんな人に出会って積極的に取り組みましたが、知らない単語が多く英語能力の不十分さが身にしみてわかりました。この経験を活かして英語をもっと頑張ろうと思います。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
仰星コース2年 石川美尋 (碧南市立南中学校出身)

 Alypiou小学校への訪問がとても有意義でした。かるた取りをした際には、「し」はロングヘアー、「ひ」はスマイルという様に、平仮名を他の言葉と関連づけながら覚えている、と教えてくれました。覚えやすいように工夫して勉強していることに感心しました。
 目標に掲げた「自分から積極的に話しかけていく姿勢」は、オーストラリアの方が手本を見せてくれました。また、彼らのフレンドリーさも見習うべきでした。
 結局、英語の語彙力の乏しさを痛感しただけに終わった感がします。とはいえ、貴重な経験をさせていただいた親や先生方に感謝し、この悔しさを今後の英語学習への意欲に繋げます。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
文Ⅰコース2年 丹下由梨 (知立市立竜北中学校出身)

 昨年のブルガリア交換留学から、今度はオーストラリア短期留学に参加しました。
 どちらも一長一短あり、感じたことは多々ありますが、振り返ってみれば長短ともに自分自身のスキルアップに繋がっていると思います。私の人生に多大な影響を与え、視野を広め、精神力を高めることもできました。また、単に思い出として留めておくのではなく、しっかりと今後の生活や進路に繋げていきたいです。
 送り出してくれた親に感謝を忘れず、今後ともホストファミリーと交流を続けていきたいです。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
理系コース2年 鈴木笙太 (刈谷市立刈谷東中学校出身)

 「将来、自然保護官になる。」この夢を具現化するための模索。そして「そのための英語力の向上」をテーマに参加した短期留学でした。実際にホストファミリーには多くの国立公園に連れて行ってもらい、オーストラリアの自然や環境問題などを教えてもらいました。今世界が抱えている問題はとても深刻だということを改めて学ぶことができました。
英会話の面では、自分から進んで質問できましたし理解もできました。自信や勇気も備わったと自認しています。帰国後もホストファミリーと交流を深めていきたいです。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
特進コース1年 升倉健登 (名古屋市立扇台中学校出身)

 私はオーストラリア短期留学に参加し、コミュニケーションの楽しさを知りました。最初はオーストラリアの方はとても難しい英語を使ってくるのだろうなと構えていましたが、配慮でしょうか、意外と簡単な単語や構文で話してくれて少し安心しました。積極的にバディーに話しかけることができましたし、簡単な英語を話すだけで多くの情報を伝えることができて驚きました。学校で習ってきた会話の基本構文や文法を利用することもできました。
ホストファミリーの皆さんも温かく受け入れてくれて、多くを学ぶことができた13日間でした。これからも連絡を取り合っていきたいです。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
文Ⅰコース2年 高須みな (西尾市立鶴城中学校出身)

 私がテーマにあげたことは、昨年のアメリカ短期留学での改善です。アメリカでの苦い経験を何とか修正しないと次に進むことができないという思いがありました。
 反省点も多かったのですが、コミュニケーションのコツはつかんだ感じでした。「日本のお菓子」を架け橋にすることで、皆さん笑顔になってくれました。私もそれがきっかけで積極的に会話ができたので満足しています。
 私の無理を聞いてくれた親、親切なバディーやホストファミリーにとても感謝しています。今後も彼らとの交流を続けたいと思います。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
仰星コース2年 伊藤綾里 (豊明市立沓掛中学校出身)

 私にとって嬉しかったのは、St Alypiou小学校へ伺ったときです。皆さんフレンドリーでとても明るく、優しい子達ばかりでした。子供達の勇気あふれたエネルギーに触れて、私も勇気がでてきました。またホストファミリーとの日常会話は私の意識改革につながりました。初日は人見知りをしてしまいました。それでも日本のことについてたくさん質問をしてくれたり笑顔で話を聞こうとしてくれる姿勢に胸をうたれました。後半になるにつれてもっと英語で話してみたいと思えるようになりました。ここまで自分の意識が変わったのはホストファミリーのおかげです。
 いつか皆さんに恩返しが出来るようにこの留学経験を次へのステップに繋げたいです。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
特進理系コース2年 酒井駿輔 (名古屋市立滝ノ水中学校出身)

 初めての留学で、しかもホームステイでした。ホストファミリーのネイティブな英語が聞き取れず、OKとYeahでしか応じられませんでした。そんな私でしたが一週間が過ぎると英語がはっきりと聞き取れ、会話を交わすことができるようになり、楽しくなりました。自分から話しかけるのは本当に勇気が必要でしたが、何も恥ずかしがることはないとわかりました。
 オーストラリアは美しい風景が沢山あり、人々も優しく笑顔で接してくれます。最初の留学が楽しく有意義なところで本当によかったです。

ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
進文系コース2年 大塚竜生 (名古屋市立滝ノ水中学校出身)

何よりも感じたことは、相手が外国の人だからといって怖気付かづに、自分の意思をしっかり伝えようとする努力が必要だということです。
 頑張って伝えようとしても上手く伝わらなかったり、言葉が思い浮かばなかったりする時の方が多かったです。それでも諦めずに身振り手振り、擬音なども交えて説明することで相手に伝えることが出来るのです。
 失敗を恐れず何事にも挑戦し、たとえ失敗してもそこで諦めず、次に活かしながらまた挑戦して、成功するまで努力し続けられるようにしたいです。
ファイル 4475-1.jpgファイル 4475-1.jpg
*この報告を以て【オーストラリア短期留学】の締めといたします。名古屋セントレアには31日 9:05に到着予定です。