記事一覧

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #7

 昨日は、それぞれの家庭に遊びに行ったり、プールに入ったり、犬の散歩にいったり、買い物に出かけたり・・・、楽しい放課後を過ごしたようです。

 「毎日が楽しすぎる」「遊び疲れた(!?)」なんて言葉が聞こえてくる今日の朝ですが、みんなとても元気です。

 朝のミーティングの後、カレンさんと記念写真。そして、各教室へ散らばっていきました!
ファイル 4222-1.jpg

 Grade:11 の授業に参加している5人は、朝からテストを実施するということで、Period 1 ~ 3 まで校舎の中にある STAR BUCKS でリラックスタイム。
ファイル 4222-2.jpg

 授業に参加している人たちは、みんな真剣に取り組んでいましたよ!
ファイル 4222-3.jpgファイル 4222-4.jpg
ファイル 4222-5.jpgファイル 4222-6.jpg

 お昼は、いつも校舎の中にあるカフェテリアでとります。おいしいのですが、量が多すぎ。食べきれません・・・。
ファイル 4222-7.gifファイル 4222-8.gif

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #6

 Faith Christian Academy School Life 3日目を終えて、みんなの顔には『笑い』がいっぱい。友人との握手、会話、ハグも当たり前になってきました。

 それぞれの授業を回っています。
ファイル 4219-1.jpgファイル 4219-2.jpg
ファイル 4219-3.jpgファイル 4219-4.jpg
ファイル 4219-5.jpgファイル 4219-6.jpg
ファイル 4219-7.jpgファイル 4219-8.jpg

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #5

友人たちも、少しずつふえてきました。
ファイル 4218-1.jpgファイル 4218-2.jpg

 Faith Christian Academy School Life 初日を終えての、生徒所感の続きです。

K.S
 アメリカに着いて約3日間過ごして、アメリカにつくまでや、土日も家族旅行では行かないだろうところにも行くことができたりして、3日間でもたくさん経験ができました。
 ホストファミリーとは、どのように接していいのか、全くわからずに、不安でいっぱいでした。しかし、みんなとてもやさしくて、夜まで話し込んでしまうこともあって、とてもよくしてくれています。好きな食べ物や、仕事の様子、普段の生活など、いろいろなことを話すことができて、とても充実しています。
 今日始まった学校生活には、まだまだバディや先生の英語に着いていけないなど、たくさん課題はありますが、少しずつでも改善していきたいです。残りの約10日を楽しく有意義に過ごせるよう、会話以外でも努力したいです。

R.N
 長時間飛行機内で揺られ私は、アメリカ本土までやってきました。私にとってアメリカ本土は人生で初めてでした。初日と二日目は授業などの予定ではなく、アメリカを堪能し自分の留学期間中滞在する場所のことを知る時間でした。全力で楽しむつもりでした、しかし、ここで予想だにしないハプニングがみんなへと降りかかります。
 そう、それは時差ボケです。
 時差ボケはとても辛いです。治る間もなくそのまま海へ、行きました。しかし楽しむことは出来ました。
 churchにも参加しました。それはとても美しく素晴らしい不思議なものでした。そして今日ついにメインイベントの学校が始まりました。
 周りの人々は日本語がわかりません。なので英語を使うしかありません、この留学のメインなのだから。そして分かったことが相手に意志を伝えるのは言葉だけではありません。ジェスチャーやアイサインなどでも人々は意思疎通ができるのです。なんて人間は素晴らしいのでしょう。新たな発見を明日以降もさらに見つけていきたいです。

M.S
 アメリカに着いて約3日が経ちました。私にとって初めての海外旅行で、英語で会話できるか、生活できるか、正直不安でいっぱいでした。しかし初日の夜、ホストファミリーの方が暖かく迎えてくれたおかげでその不安な気持ちが楽になりました。
 1日目はNASAに行きました。惑星の映像を見たり、間近でロケットなどを見ました。宇宙について改めて知ることができました。
 2日目は午前中、教会に行きました。教会にはステージがあり、歌やドラムなどの楽器の演奏もありました。午後からCocoa Beachに行きました。海は、泳げないほど波が大きくて、飲まれてしまいました。でもすごく楽しかったです。
 そして今日3日目はFCAでの初めての授業がありました。全くわからない授業をいろいろと教えてくれたバディはとても優しくて話しやすいです。この3日間で、日本とは全く違うアメリカの暮らしを知ることができました。これからの11日間、1日1日を大切に過ごし、日本にはないもの、外国でしかできないことを見つけてきたいと思います。

ファイル 4218-5.jpgファイル 4218-5.jpg
私は、もう一つ大切な役目を持ってきました。
大丈夫、しっかりと果たしましたよ! その証拠写真!?です。(笑)
ファイル 4218-3.jpgファイル 4218-4.jpg

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #4

 Faith Christian Academy School Life 2日目です。朝のミーティングタイムにて、日本から持ってきたお土産、『有松絞り』のテーブルクロスとネクタイを、カレン先生とアンドリュー先生にプレゼントしました。
ファイル 4217-1.jpgファイル 4217-2.gif

 毎日の授業は、お祈りをすることから始まります。
ファイル 4217-3.jpg

 いくつかの授業の様子です。
ファイル 4217-4.jpgファイル 4217-5.jpg
ファイル 4217-6.jpgファイル 4217-7.jpg

ファイル 4217-8.jpgファイル 4217-8.jpg
 Faith Christian Academy School Life 初日を終えての、生徒所感の続きです。

Y.O
 日本を出てから約3日が経ち、最初はほとんど聞き取れなかった英語も耳が慣れて少しわかるようになったのが嬉しく思います。私は今回のアメリカ留学が初めての海外旅行で、しかもホテルに泊まるのではなくホームステイということに不安と期待が入り交じるという今まで経験しないような心持ちでした。
 けれど実際にホストファミリーに会ってみると彼らは気さくに、英語も私を気にかけてくれたのかゆっくり、わかりやすく話してくれました。
 そして今日、日本からのお土産のうどんを箸で食べました。とても難しい!と言っていたファザーも食事を終わる頃には箸に慣れ、俺って天才なのかも!と言っていて、微笑ましく思えました。
 まだ3日、されど3日をアメリカを過ごし、自分がどんどん成長して手に取るようにわかります。これからの11日間を有意義に使いたいです。

D.W
 自分にとってはこのアメリカ短期留学は初めてのことがたくさんありました。
 まず意外と小さなことかもしれませんが、飛行機に乗って海外に行ったことだけでもいろんな初めてのことがありました。飛行機の中は窮屈なイメージがありましたが全く逆でとても快適でさらに窓から見た外の景色は自分が今まで見てきた景色とは違ったものでした。
 NASAでは宇宙服を近くで見たりたくさんの写真を撮ったりしました。
 そしてホームステイ先の人たちはとても親切で緊張していた自分にもよくしてくれて毎回おいしい食事を出してくれたりしてとても優しい人たちで安心しました。FCAの人たちは面白くていろんなことをして楽しませてくれて一緒にいて飽きないような人たちでした。まだ3日でこれまでの体験が出来たのでこれからさらに新しい体験がたくさんやってくるだろうと思いました。

S.S
 家族と別れ、セントレアからこのアメリカという地に着いて3日が経ちました。正直、"まだ3日しか経ってないのか………"という感覚です。人生初の海外は視界に入るもの全てが新鮮で、興味深いものばかりです。おかげさまで濃厚な3日間を過ごさせてもらってます。
 学校の授業以外で英語を話すのは初めてだったので、不安しかありませんでしたが、ホストファミリーやバディは皆とても親切で、自分が訴えたい事を一生懸命読み取ろうとしてくれます。話したい事が向こうにきちんと伝わると凄く嬉しいです。
 今日からFCAでの学校生活が始まりました。日本での授業は先生の板書や説明をひたすらノートに書いていくという感じですが、ココでの授業は生徒同士でたくさん授業内容について話しています。中学時代の恩師に「書くより仲間同士で話した方が確実に内容を色濃く覚えられる」とよく言われていたものですが、それをFCAの生徒達は積極的に行っています。
 前述したように"まだ3日"しか経ってないので、残された時間を無駄にしない様にし、より沢山の経験・学びが出来るようにこれからも頑張っていきたいです。

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #3

ファイル 4216-1.gifファイル 4216-2.gif

 Faith Christian Academy School Life 初日を終えての、生徒所感の続きです。

K.T
 日本を出発してから3日が経ちました。最初は慣れなかったホームステイも少しずつ慣れてきています。ホストファミリーはとても優しく温かく、毎日楽しく過ごしています。バディーもとても優しく面白く、学校での生活も楽しいです。
 また、留学生メンバーと行ったNASAやビーチでは普段なかなか味わうことの出来ないアメリカならではの体験ができたので良かったです。
 そんな中、私が1番驚いたのはアメリカの授業です。授業は日本の学校では受動的なものが多いですが、アメリカの授業は能動的で、みんなが意見を言い合い、先生はそんなに口出しをしません。一言で言うと『自由』です。そんな環境でいきいきと授業を受けているから、外国の方々はコミュニケーション力が高く、様々な国で活躍されているのだと思いました。私もそんなコミュニケーション力を培う為に残り11日間を有意義に過ごしていきたいです。

S.I
 出発前からすごく緊張していました。ホームステイや外国の学校で授業を受けることは初めてで、上手く英語で話すことができるか不安に思っていました。
 ですが、ホストファミリーやバディーはとても温かく歓迎してくれて、落ち着いて会話することができました。また、普段使わない英語で意志疎通できたときはとても嬉しかったです。今日までの3日間はNASAやcocoa beachへ行ったり、FCAの授業に参加したり、とても良い体験をすることができました。
 アメリカの授業は日本の授業とは雰囲気が全く異なり、全員が自由に発言し、とてもにぎやかだと感じました。たくさんの学生が話しかけてくれたり、名前を呼んでくれて嬉しかったです。残りの期間もたくさん挑戦して楽しみたいです。

M.T
 約15時間飛行機に乗り、フロリダへと到着しました。飛行機の中で自分は上手く喋れるのか、単語がその場でパッと思い出せるのか、会話ができるのか、とても不安でした。その結果、ホストファミリーと対面したときなんて話せば良いのかがわからず体は動くものの声が全く出ませんでした。
 ですが、今では積極的に話に来てくれたり、自分から話に行ったりと、とても楽しく過ごしています。バディとは同じ家に住んでおり、その分話す機会が多いため仲がより一層深まっていってると思っています。
 初めての留学先での授業は正直よくわかりません。自分の英語力の低さがとても良くわかります。空いてる時間などを使い、文章の作り方や質問の仕方、聞き方、単語を調べたりなどをして残りの日数を自分のために頑張って勉強しようと思いました。

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #2

ファイル 4215-1.gifファイル 4215-2.gif

 Faith Christian Academy School Life 初日を終えて、みんなに今の気持ちを綴ってもらいました。複数回にわたってご紹介します。

M.M
 アメリカに行く前まではものすごく緊張していてうまく自分の伝えたいことを英語で表現できるか不安でしたが、ホストファミリーなど学校のバディと会話ができたので良かったです。ホストファミリーはすごく優しく迎えてくれました。
 1日目はNASAに行きました。そこではロケットや映画を見たりしました。映画では3Dになっていて本当に宇宙にいる感じがして楽しかったです。その説明ももちろん英語だったけど少しは聞き取れることができてとても楽しい時間を過ごすことができました。
 3日目の午前中は教会に行きました。私が思っていたところとは違って大きなステージがあってたくさんの人がステージで歌っていました。それに合わせて歌っていて宗教が違うだけでこんなにも違うんだと実感しました。

S.N
 8月17日、私たちは約17時間かけてアメリカに来ました。機内での疲れと13時間の時差から最初の数日間は体の疲労が溜まるだろうと思っていましたが、意外にも日中しんどいと思うことはありませんでした。それは暖かく迎えてくれたホストファミリーと、彼らがつくってくれた良い環境のおかげだと感じています。
 到着後の2日間は、今回いちばん楽しみにしていたNASAとcocoa beachへ連れて行っていただきました。アメリカの海を体験出来てとても良い休日になりました。
 今日はバディと初めて会いました。バディはとても気さくに話してくれて、すぐに打ち解けました。学校生活は少し不安ですが、バディとなら頑張っていけそうです。

M.T
 私は、今回のアメリカ短期留学が初めての海外で、最初は、いつも当たり前のように話してる言葉を英語で相手にちゃんと伝えることができるのか、とても不安に感じていました。しかし、ホストファミリーが暖かく迎え入れてくれ、気さくに話しかけてくれたおかげで、少しずつ英語で自分の気持ちを伝えることができるようになりました。
 また、到着後の2日間はNASAやcocoa beachやchurchに行き、アメリカでしか体験出来ないことを体験することができ、貴重な2日間になりました。
 3日目は、アメリカの学校で授業を受けました。日本とは異なる所が沢山あり、とても驚きました。また、この日にバディとも初めて会い、バディはもちろん、他の人もたくさん話しかけてくれて、すごく楽しかったです。残りの学校生活も存分に楽しみたいと思います。

R.Y
 私は海外に行くこと自体が初めてだったので、空港のことや、アメリカに着いてからの事で、とても緊張していました。アメリカに着いてからも、ホストファミリーと上手くコミュニケーション取れるだろうか?学校で困ることなく過ごせるだろうか?とても不安でした。ですが、ホストファミリーはとても親切に接してくれて、過ごしやすいです。
 最近は夕食後に今日のことや去年登った富士山の写真を見せたりして、少し話をするのが楽しみです。
 今日は学校初日。やはり思ったようにコミュニケーションは取れず、なかなか難しいものだなと感じています。緊張すると聞くのも話すのも全く上手くいかなくなってしまいます。ですが、まだ1日目。時間はまだあるので前向きに捉えて行きたいです。

【アメリカ短期留学】Faith Christian Academy School Life #1

 短期留学3日目、Faith Christian Academy でのスクールライフが始まりました。まず最初に、カレン先生より広大な校舎の中を案内していただきました。
ファイル 4214-1.jpgファイル 4214-2.jpg
ファイル 4214-3.jpgファイル 4214-4.gif
ファイル 4214-5.jpgファイル 4214-6.jpg

 その後は、突然の避難訓練。全生徒が駐車場へ避難します。Faith Christian Academy では、事前に知らせることなく、突然非常ベルが鳴り訓練が始まるのだそうです。

ファイル 4214-7.jpgファイル 4214-8.jpg
 無事に避難を終えた後、いよいよ授業へ参加します。スケジュール(時間割)を手にして、この後、バディともご対面。みんな、少しドキドキしながら、でもワクワクしながら各教室へ散らばっていきました。
 

【アメリカ短期留学】Church & Cocoa Beach

 短期留学2日目、午前中はホストファミリーとの生活です。といっても、ここはアメリカ。日曜日の午前、多くの家庭は教会に集まり、チャーチ(礼拝)を行います。そこへの参加の仕方は、各家庭でさまざま。時間も自由で、さすが自由の国といったところです。

 そこで行われるイベント(!?)のステージ上には、なんとカレン先生の姿が! その歌声に心を奪われてしまいました。

 チャーチ終了後は、それぞれのホストファミリーの都合で、それぞれの場所で、それぞれのランチをとり、全員集合。全身サンスクリーンの膜に身をまとい、いざビーチへ出発!

 フロリダのアツイ紫外線の直撃を受け、肌の色の変化を身をもって体験す、と思いましたが、なんのなんの。日本の夏の方が『暑い!!』
ファイル 4213-1.jpgファイル 4213-2.jpg
ファイル 4213-3.gifファイル 4213-4.gif
ファイル 4213-5.gifファイル 4213-6.gif

 そんなことを実感し、帰りはほてった体を中から冷やしました。
ファイル 4213-7.jpgファイル 4213-8.jpg

 明日からはいよいよスクールライフが始まります。

 『厚い!』経験と、『厚い!』知識を得ることでしょう。

【アメリカ短期留学】NASA - John F. Kennedy Space Center

 短期留学1日目の研修は、NASA ジョン・F・ケネディ宇宙センターです。

 このセンターは、アメリカ合衆国フロリダ州ブレバード郡メリット島にある、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のフィールドセンターの一つで、有人宇宙船発射場、打ち上げ管制施設及びペイロード整備系から構成される中核的研究拠点です。
 フロリダ州の東海岸に位置し、ケープカナベラル空軍基地 (CCAFS) の隣にあり、現在もロケット打ち上げを行っています。実際に、1ヶ月後には無人ロケットの打ち上げ予定もあるそうです。

 今日は1日目ということもあり、朝はゆっくりと過ごしました。FCA に10時集合、FCAからはわずか45分で NASA に到着です。
ファイル 4212-1.jpgファイル 4212-2.jpg

 最初に向かったのは、HEROES & LEGENDS というアトラクション。NASA の宇宙プログラムの初期段階を学ぶことができます。宇宙での生活の様子などが 3D シアターとして立体的な映像で見ることができました。

 次は、ランチ。日本語表記のない注文機に苦労する人も・・・。
ファイル 4212-3.jpgファイル 4212-4.jpg

 そして、IMAX THEATERS へ。ここでは、『宇宙から見た地球』を満喫することができました。やっぱり、地球は青かったです(笑)。
ファイル 4212-5.jpgファイル 4212-6.jpg

 そして、一行はバスに乗り、APOLLO SATURN V CENTER へ。アポロ8号の打ち上げを体験し、宇宙飛行史上最大のロケットの真下でパチリ。
ファイル 4212-7.jpgファイル 4212-8.jpg

 帰りのバスでは、時差ぼけなのか、大きなお口を開けて寝ている人も・・・。今日の活動は、日本の時間では真夜中です。しっかりと休養して、月曜日からのスクールライフに向けて、時間感覚を整えていきましょう。

【アメリカ短期留学】デトロイトからオーランドへ、そしてHFと対面

ファイル 4210-1.jpg
オーランド行きの飛行機がまさかの40分遅れで、待ち時間が延びました。すこし疲れがたまっているかなと思いきや、みんなこの笑顔です。安心安心。

ファイル 4210-2.jpgファイル 4210-3.jpg
今年もグレンさんにお出迎えをしていただきました。
オーランド空港から約15分、Faith Christian Academy へ向かうと、ホストファミリーとして本校の生徒たちを受け入れてくれる皆さんが勢揃い。

星城生たちを快く受け入れてくださいます。改めて感謝申し上げます。

というわけで、みんなは各ご家庭へ散らばっていきました。今年のアメリカ短期留学は、週末からスタートです。明日は、アメリカが誇る宇宙開発の原点、NASAを訪問します。ここでは、世界的な視野ではなく、より大きな、宇宙規模の視野を身につけて参りたいと思います。

最後に、ホストファミリーの皆さんのご紹介です。
ファイル 4210-4.jpgファイル 4210-5.jpg

【アメリカ短期留学】アメリカ短期留学 フロリダへ出発!

いよいよこの日を迎えました。

アメリカフロリダ短期留学へ、13名全員そろっての出発です。

ファイル 4208-1.jpgファイル 4208-2.jpg
水野副校長先生より、何事にも積極的に、健康に留意して2週間を楽しんで、と励ましのお言葉をいただきました。その後、近畿日本ツーリストの佐藤さんより最後の打ち合わせ。パスポートやチケットの確認をして、いざ出発!

ファイル 4208-3.jpg
そして、みんな元気に搭乗口へと進みました。と、ここでプチハプニング。追加のセキュリティ(ボディチェック)を受けなさいと、引率者。

先ほど、責任を持ってフロリダに引率いたしますと、結団式でお見送りいただいた保護者の方々に伝えたのに、早くも13人のみんなを置いていく羽目になってしまいました。

しかし、約15分後、無事に飛行機内で合流!

ファイル 4208-4.jpg
11時間30分フライトの後、まずはデトロイト国際空港に到着です。このあと、軽く食事をしてオーランドへ向かいます。

【アメリカ短期留学】be ready just in case...

ブルガリア交換留学に参加した生徒たちも、全員無事に帰国しました。

しかし、『国際交流の星城』の夏はまだまだアツイ!

8月17日(金)から8月31日(金)までの15日間の日程で、アメリカ オーランドにある Faith Christian Academy を訪れる生徒たちの学習会をご紹介します。

ファイル 4198-1.jpgファイル 4198-2.jpg
今回の学習内容は、実は「必要のない」もの。
いえ、正確に言うと必要になってはならないもの。でも、『備えあれば憂いなし』。

頭が痛い時、風邪をひいた時、気分がすぐれない時、骨折(!?)した時。そんな時、どのように表現するのかを、しっかりと学びました。

もうすぐ出発です。エキサイティングな15日間となるでしょう!

【ブルガリア交換留学】素晴らしい15日間を過ごし、無事に帰国!

本日午前8時30分、ブルガリアより無事に全員が帰国しました。

ファイル 4197-1.jpg
ヨーロッパと言えば、オーストリア・オランダ・スイス・ドイツ・フランスなどの西欧(西ヨーロッパ)を思い浮かべがちです。

今回の交換留学では、東欧(東ヨーロッパ)の国『ブルガリア』を訪れ、昔からの変わらない町並みをはじめとした、文化・歴史・伝統、そして日常生活を十分に肌で感じ、味わうことができました。

そして、何よりも、決して出会うはずのなかった「人」と「人」を結びつけることができるのが、『国際交流』の醍醐味でもあります。

この出会いを、そしてこの経験をいつまでも大切にしてほしいと思います。

今回の訪問も、ブルガリアでは様々なところで取り扱っていただきました。
ファイル 4197-2.jpgファイル 4197-3.jpg
ファイル 4197-4.jpgファイル 4197-5.jpg
ファイル 4197-6.jpgファイル 4197-7.jpg

【ブルガリア交換留学】フランクフルト空港

現地時間8時にランクフルト空港に到着しました。
ソフィアとは1時間の時差があります。
フランクフルト空港はとても広い空港で、到着ゲートから出発ゲートまで電車で移動しました。
ファイル 4193-1.jpg
ファイル 4193-2.jpg

セントレアに向かう飛行機の出発まで6時間のトランスファーです。
買い物や昼食を食べて過ごします!!
ファイル 4193-3.jpg

さすがに6時間は長すぎる…

【ブルガリア交換留学】ソフィア出発

おはようございます!
朝3時半に集合しました。
みんな、最後まで時間をしっかり守ってくれました。
でも、すごく眠たそうです。
ファイル 4192-1.jpg

ソフィア空港に到着!
いよいよブルガリアともお別れです。
ファイル 4192-2.jpg

スベトラ先生と最後の集合写真。
スベトラ先生には2週間、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
ファイル 4192-3.jpg

【ブルガリア交換留学】ソフィア到着

ソフィアのホテルに到着しました。
早めにホテルに入り休憩!!
ファイル 4191-1.jpg

休憩後、ホテル内を少しだけ散歩
ファイル 4191-2.jpgファイル 4191-3.jpg

ブルガリア最後の夕食です。
ファイル 4191-4.jpg


明日は3時半ロビー集合!!
みんな起きれるかなぁ~
心配です…

【ブルガリア交換留学】HFとお別れ

ソフィアに向かう朝です。
ファイル 4189-1.jpg
いよいよHFとお別れ時が来ました。
最初は笑顔でバディとハグしたり話をしたりプレゼントをもらったりしていましたが…
お別れの時間が近づくとみんな涙を流し別れを惜しみました。
ファイル 4189-2.jpgファイル 4189-3.jpg
ファイル 4189-4.jpgファイル 4189-5.jpg
生徒を代表してお別れの言葉と感謝の気持ちをターニャ市長、ネラ副市長、HFの皆さんにお伝えをしました。(当然、英語で!!)
ファイル 4189-6.jpg
ソフィアまで約3時間の道のりです。
今日はソフィアで観光や買物です。
明日は朝の4時にホテルを出発して空港に向かいます!!

【ブルガリア交換留学】ガブロボ市最終日(その2)

ガブロボ市役所の近くに「友情の木」があります。
その木にお互いの名前を書いた南京錠をぶら下げ、その鍵を池の中に投げると友情が永遠と続くと言われています!
ガブロボ市と星城高校の名前を書いた南京錠をぶら下げ、カギを投げてきました!
ファイル 4188-1.jpgファイル 4188-3.jpg
ファイル 4188-2.jpgファイル 4188-4.jpg

【ブルガリア交換留学】ガブロボ市最終日

いよいよ今日がガブロボ市滞在最終日です。
ファイル 4185-1.jpg(ガブロボ市役所)
今日はネザブラフカのアドベンチャーパークに行ってきました。
サバイバルゲーム、シルクに自分でデザインした絵を書きます!
ファイル 4185-2.jpgファイル 4185-3.jpg
ファイル 4185-4.jpgファイル 4185-5.jpg
民族舞踊を教えてもらい、バディーと一緒に踊りました。
ファイル 4185-6.jpgファイル 4185-7.jpg

明日はいよいよHFとお別れです。
みんなHFと最後の夕食を楽しんでいることと思います。

【ブルガリア交換留学】アプリロフ高等学校へ(その4)

続きです。

ターニャ市長へプレゼントを渡しました。
有松絞りのテーブルクロスです。
ファイル 4184-1.jpgファイル 4184-2.jpg

そして、さよならパーティーです。
バディーと一緒に夕食作りです。
BBQ、バニッツァなどを作りました。
ファイル 4184-3.jpgファイル 4184-4.jpg
ファイル 4184-5.jpgファイル 4184-6.jpg

ページ移動