記事一覧

豊明市福祉実践教室 視覚障がい者ガイド

ファイル 3902-1.jpgファイル 3902-2.jpgファイル 3902-3.jpgファイル 3902-4.jpgファイル 3902-5.jpgファイル 3902-6.jpgファイル 3902-7.jpgファイル 3902-8.jpg

本日の6限目に、2年生は豊明市社会福祉協議会主催の「福祉実践教室~視覚障がい者ガイド」を行いました。

校長先生の挨拶の後、視覚障がいをお持ちの山田弘さんに講義をしていただきました。
・障がいを持つことは、不便や不自由なことはあるけれど、不幸だとは思っていない。
・世間は自分を身体障がい者と呼ぶが自分自身はそうは思ってない。障がい者として壁を作られることが、最も辛いことである。
・障がい者の人を見かけたら、まず、「声かけ」をして、「接する」ことをして欲しい。そこから、「支援」につながっていく。

とても前向きなお話をしていただき、生徒も感銘を受けていました。

その後、生徒はアイマスクや手ぬぐいなどで目を覆い、体育館の中を15mくらい歩きました。
見えない状態で歩くことが、いかに不安であるかを実感できたと思います。
さらに、ガイド研修を受けた経験のある教員がガイドのデモを行いました。

最後に、生徒会長の濱島陸人君が、
「今後、困っている人がいたら、是非力になってあげたい」と挨拶しました。

尚、この模様はCCNet(ケーブルテレビ)で放送されます。
放送日 2月13日(火)
放送時間  6:00 / 7:00 / 8:00 / 10:00
     /12:00 / 14:00 / 19:00 / 21:00
放送エリア 豊明市、名古屋市緑区、日進市、東郷町