記事一覧

【アメリカ短期留学】交流が続いています・・・。

 8月17日から8月31日まで、アメリカフロリダ州に派遣された星城生たち。

 こちらも、”帰ってきたらおしまい!”ではありません。

 今日は、日本 AM7:30、フロリダ PM 6:30 に、ネットミーティングを行いました。相手は、バディを務めてくれた通称 "MagiCole" くんです。

ファイル 4270-1.pngファイル 4270-2.jpg
 たわいもない会話を楽しんだわずかな時間でしたが、それでも教科書にはない、大切な日常の英会話です。そんな普段の外国語を身近に感じることのできた、今日一日の始まり。

 さぁ、今日の授業も頑張って!!

【ブルガリア交換留学】まとめ・・・

 7月23日から8月6日まで、ブルガリアに派遣された星城生たち。

 ”派遣が終わったらそれでおしまい!”ではありません。彼ら彼女らは、貴重な15日間をまとめ上げる作業をしています。
ファイル 4269-1.jpgファイル 4269-2.jpg

 こんなところでも頑張る姿は、見ていて本当に応援したくなりますね!

【国際交流】留学生 翔くん(台湾)とアルットゥくん(Finland)

星城高校では、9月より、台湾からの留学生”廖宥翔”くんと、フィンランドからの留学生”Arttu Repo”くんを受け入れています。

星城高校の生活も1週間が経ち、そろそろ日本の学校にも慣れてきた頃でしょうか?

そんな二人の1週間をご紹介します。

9月3日(月) ナゴヤドーム3個分の広さのある星城高校の施設を、1時間ほどかけて回りました。南風グランド(野球場や)ソフトボール場、人工芝の第2グランド、弓道場、記念館などを案内しました。
ファイル 4268-1.jpgファイル 4268-2.jpg
ファイル 4268-3.jpgファイル 4268-4.jpg
ファイル 4268-5.jpgファイル 4268-6.jpg

そして、本日(9/11)、Arttuくんはスベトラ先生による”日本語特訓特別講座!?”を受けました。
とても積極的に日本語を学んでいましたよ!
ファイル 4268-7.jpgファイル 4268-8.jpg

【アメリカ短期留学】Knowledge from Experience

 AM5:30、最後のFCA登校です。

 この15日間で、みんなは何を感じ、何を思い、何を知り、何を学び、何を得て、どんな経験知を身につけたのでしょうか。

 昨日、「帰りたくない。先生! 朝来なかったらどうする?」なんて言葉が聞こえてきました。

 「もちろん、おいてくよ!」と答えたものの、私の仕事はみんなを無事に日本へ連れ帰ること。この機会を与えてくれた保護者の方々のもとへ、無事に送り届けること。おいていくわけにはいきません。
ファイル 4252-1.jpgファイル 4252-2.jpg

 毎日毎日お世話になったカレン先生に、最後のお礼のスピーチ!
ファイル 4252-3.jpgファイル 4252-4.jpg

 もちろん、毎日私たちを様々な研修場所へ連れて行ってくれたグレンさんにもお礼の言葉を届けました。
ファイル 4252-5.jpgファイル 4252-6.jpg

 オーランド国際空港にて。そして、無事に帰国いたしました。
ファイル 4252-7.jpgファイル 4252-8.jpg

 さて、この15日間はいかがでしたか?

 「楽しかった」「また行きたい」という感情から、次に何を考え、何に取り組み、どう行動するのか。そこに、このアメリカ短期留学に参加した意義が存在しています。どうか、このまま終わらないでほしい。私の切なる願いです。

 もちろん、アメリカで出会った友人たちとのコミュニケーションも続けてください。出会うはずのなかった『人』と『人』を結びつけたこの経験を、いつまでも大切にしてほしいと思います。

 最後に・・・、

 私たちにこの機会を与えてくれたランボー先生、毎日毎日私たちの学校生活をサポートしてくれたカレン先生、私たちをどこへでも連れて行ってくれたグレンさん、私たちの生活を支えてくださったホストファミリーの皆さん、そして Faith Christian Academy の学生達へ。

 心から感謝と敬意を表します。

【アメリカ短期留学】Last Day of FCA School Life

 今日が最後の登校日。昨日お伝えしたように、みんな、それぞれの思いを胸に、今日一日を過ごしたと思います。

 朝、お世話になった先生方へお礼と、最後の記念写真を撮っておいでと伝えて、みんなは Period 1 へ向かいました。
ファイル 4249-1.jpgファイル 4249-2.jpg
ファイル 4249-3.jpgファイル 4249-4.jpg
 そして、最後の FCA での生活を終えました。
ファイル 4249-6.gifファイル 4249-5.gif

 あすは。いよいよ帰国です。

【アメリカ短期留学】Last 1 Day. Question & Answers.

< Question >

 いよいよこの短期留学も明日を残すのみとなりました。これまでのスクールライフでは、何を感じ、何を求め、何を実践したのでしょう。
 明日の最後の一日は、どのように考え、どのように表現し、どのように過ごすのでしょう。 そんなことを考えながら、今の気持ちを綴ってみてください。

ファイル 4243-1.jpgファイル 4243-1.jpg
< Answers >

 ここでの生活もいよいよ明日で最期になってしまいます。
 バディとは短い間でしたが、とても仲良くなり、自分から積極的に日本語を勉強しようとしてくれました。今日は"こわい"と"かわいい"の発音が似ていることに苦戦していました(笑)どんな御託を並べても明日しか無いので、此処で出会えた『此処に来なければ出会えなかったであろう』全ての人に感謝の意を込めて、明日を過ごそうと思います。(S.S)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 自分はこれまでのスクールライフに対して少し後悔しています。何故かと言うとこの生活の中で無口であった時間が多すぎたり、家に戻った後、うっかり寝過ごしてしまったりと時間を無駄にしてしまったからです。なのでせめて今からでもコミュニケーションを増やすようにしたいと思っています。(D.W)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 短期留学も残り1日になりました。
 ホストファミリーや、バディー、FCAの友達と会えなくなってしまうと思うととても悲しいですが、明日は、2週間お世話になった人達に多くの感謝を伝えることの出来る1日にしたいです。(K.T)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 私は、主軸であるスクールライフにいちばん不安を抱えていました。しかし、学校へ行くと初日からバディやその友達が暖かく迎えてくれ、その中で、相手に一生懸命伝えようとする姿勢が大事だと感じました。黙り込んでいるより、話せなくても伝えようとすることで相手も親身になって受け答えてくれます。
 最終日がくるのは思いの外はやく、悲しい気持ちでいっぱいです。明日は悔いの残さぬよう充実した一日を過ごしたいです。(S.N)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 いよいよ最終日。ホストファミリーやバディと離れるのはとても悲しく思います。彼らは私を快く受け入れてくれました。本当に感謝してもしたりません。
 彼らのおかげで私のこのアメリカ短期留学は充実したものになりました。私は彼らに宛てる手紙を書きたいと思います。1文字1文字に感謝の気持ちを込め、明日には心の底からのありがとうの言葉を添えて贈りたいです。(Y.K)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 ついに明日が最後の日になりました。最初は不安ばかりでどうしたらいいのかわからなかったけどホストファミリーやバディのおかげでとても楽しいアメリカ生活が過ごすことができました。
 やっと学校生活にも慣れ、日本に帰るのはとても寂しく思います。なので残り少ない時間を楽しく過ごしたいです。(M.M)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 ホストファミリーと、FCAでできた友達と、もう別れるのがとても寂しいです。すこし落ち込んだこともありましたが、もっと楽しいことで溢れていました。
 最後に 後悔しないように、ちょっとした挨拶とか、お礼とかを忘れないようにしたいです。(K.S)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 ついにこの短期留学はあと1日になってしまいました。バディやFCAの友達とたくさん仲良くなることができました。もうみんなと別れ、日本へ帰るのは寂しいですが、明日は悔いのないようにしっかり感謝を伝え、楽しく過ごしたいです。(S.I)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 アメリカでの生活も、とうとう残り一日になってしまいました。最初は不安だらけでしたが、ホストファミリーをはじめ、FCAの子達がものすごく優しく、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。なので残り一日となった今では、ずっとここにいたい思いでいっぱいです。明日はしっかりと感謝を伝え、さらに充実した日にしたいです。(M.T)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 短期留学も残りあと1日となりました。バディの暖かい言葉のおかげで学校でも楽しく過ごせています。バディは私がわからない英語を教えてくれたり、私に日本語について聞いてくれたりして、お互い学ぶことができました。
 今回の短期留学は、日本ではできない沢山の経験をする事ができ、ずっとアメリカにいたいと思うくらい楽しかったです。明日は感謝の気持ちを持って授業に臨みたいと思います(M.S)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 遂に明日が最終日です。最初の不安が嘘みたいにとても楽しい時間を過ごせました。1番不安だった英会話もなるべく自分から頑張って話すうちにホストファミリーやクラスメイト、バディと話すうちに「英語が上手く喋れるようになってきてるね!」と褒められるようになりました。
 最終日が来てしまったことがとても寂しいと感じてしまう。まだここにいたい。日本に帰国したくないという思いでいっぱいです。最終日は、悔いのないように過ごしたいと思います。(M.T)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 ついに最終日、これまで充実した時間を過ごさせて貰った分、とても寂しい気持ちでいっぱいです。
 学校初日は、正直これから2週間やっていけるかがとても心配でした。ですが、私が理解できず困っている時、それを察して私がわかるように色んな工夫をしてくれました。バディー以外の人も気さくに話しかけてくれ、その暖かさに緊張もほぐれ 学校が楽しめるようになりました。
 少しでも多くのコミュニケーションを取れるよう、毎朝学校に行く前に明日は何を質問しようかなど考えています。悔いの無いようにするため、これまで以上に積極的になれるよう頑張ります。(R.Y)
ファイル 4243-2.gifファイル 4243-2.gif
 遂に残りあと1日になってしまいました
 慣れてきた学校も明日を迎えるのが楽しみだったのに、もう当たり前のことが終わるという実感がありません。
 最後の1日はやり残したことはもちろんいつも通り過ごしいつも通り新しいことを見つけていきたいです。

【アメリカ短期留学】Visit the University of Central Florida

 今日は、アメリカ屈指の大学 University of Central Florida を訪ねました。

 今回は、あいにく広報担当者不在と言うことで、ランボーご夫妻の長男でこの大学に在籍している Micah Rumbaugh くんに案内を依頼しました。
ファイル 4242-1.gifファイル 4242-2.jpg

 最初に連れて行ってもらったのは、この大学のトレーニングセンター。見たこともない規模の広さとマシンの数に圧倒。
ファイル 4242-3.jpgファイル 4242-4.jpg

 その後も、さすが 6000人の学生が在籍する大学であって、何もかもが大きい。広大な敷地は、ひとつの街を連想させるものでした。
ファイル 4242-5.jpgファイル 4242-6.jpg
ファイル 4242-7.jpgファイル 4242-8.jpg

【アメリカ短期留学】Church & Shopping Day

 今日はフロリダ滞在中、最後の休日です。午前中は、ホストファミリーと共にチャーチへ。チャーチと聞くと、教会で静かに神父さんのお話を聞くと思いがちですが(私だけ?)、コンサート会場で信念を共有するイベントといった感じでしょうか?
ファイル 4240-1.gifファイル 4240-2.jpg

 その後、お買い物へレッツゴー! フロリダには3つのアウトレットモールがあるそうです。一番若者に人気のあるプレミアムアウトレットモールへ連れて行ってくださいました。毎回毎回、バスを出してくれているグレンさんに感謝!

 買い物に来ると、Girls の『表情』と『目の色』が変わります。そんな彼女らには、もはや私の声など届きません。ここは野放し(!?)にしないと、身の危険を感じます。集合場所と集合時間を伝えて、いってらっしゃい! みんなしっかりと時間を意識してくれているので、とても安心できます。
ファイル 4240-8.gif

 全員が約束を守って集合場所に集まりました。ここで、グレンさんと早めの夕食をとることに。グレンさんには『箸』を使うことをおすすめ。苦笑いしながらも、頑張ってくれました。
ファイル 4240-3.jpgファイル 4240-4.jpg

 そして、大型スーパーへ。
 グレンさんからアドバイスをもらい、あっという間にスーパーへ吸い込まれていきました。
ファイル 4240-7.jpg

 そんなに買って、どうやって持ち帰るの???状態です。
ファイル 4240-5.gifファイル 4240-6.gif

【アメリカ短期留学】Walt Disney World Magic Kingdom Park

 『ミッキー』と『ミニー』が私たちを待っている。そんな幻想を抱きながら、一路向かったのは、Walt Disney World Magic Kingdom Park です。

 「日光の州」の呼び名でも知られるフロリダ州は、全長 1,327 キロメートルもあるビーチや、世界でも有数のテーマパークが多数存在しています。

 今日は待ちに待った楽しみの日でもあります。
ファイル 4238-1.jpgファイル 4238-2.jpg
ファイル 4238-3.jpgファイル 4238-4.jpg

 たくさんのアトラクションに乗ることができました。そして、シンデレラのお宅訪問。玄関先で記念写真を撮りました。
ファイル 4238-5.gifファイル 4238-6.jpg

 そして、『夢の国』から『夢の世界』へと変貌遂げるその瞬間に立ち会うことができました。華やかさや、規模の大きさ、そして演出の素晴らしさ、に目も心も奪われてしまいました。
https://youtu.be/LGDJ0LFElso ←動画はこちらです。
ファイル 4238-7.gifファイル 4238-8.gif
 そして、お土産を買い、バスへ。とても疲れた一日でしたが、とても楽しい一日でもありました。


<追記>とある生徒の、今日の記録より・・・。(笑)

・[モノレールでマジック キングダム パークへ]
・カリブの海賊(ファストパス+)
・ジャングル クルーズ
・昼食(ターキー&ホットドッグ)
・魅惑のチキルーム
・[パイナップルソフトクリーム]
・スプラッシュ マウンテン
・ホーンテッド マンション
・カントリー ベアー シアター
・[スコールにより雨宿り]
・ホール オブ プレジデンツ
・ビッグサンダー マウンテン(ファストパス+)
・イッツ ア スモール ワールド
・ミッキーのフィルハーマジック
・[帽子購入]
・夕食(ハンバーガー)
・ハッピリー エバー アフター
・(スペース マウンテンの予定だったが、アトラクションのシステム調整により中止)
・[お土産購入]
・[船で駐車場へ]

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #7

 アメリカへ来て1週間が経ち、環境にも慣れ始め、明日を迎えるのが楽しみになってきました。
 はじめ、来たばかりの時はホストファミリーと話すのにも日本人特有の人見知りを発揮してしまい全く話せずオロオロしているだけでした。しかし、長男のドミニクが僕をバスケに誘ってくれてそこから仲が一気に深まりました、
 学校ですれ違う度にハイタッチをしたり色々な話を片言ながらも一生懸命互いに理解し合いました。しかし1週間が経ったということはもう半分です。学校に行く回数もあと半分を切ってしまいました寂しい限りです。
 もう暫く帰りたくない気持ちが1番大きいです。
ファイル 4236-1.jpgファイル 4236-2.jpg

ファイル 4236-3.jpgファイル 4236-3.jpg
 さて、このブログを書いている今現在、アメリカは8月25日(土)AM7:10です。今日はみんもきっと早起きしていると思います。

 さぁ、ミッキーとミニーに会いに行きましょう!
ファイル 4236-4.jpg

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #6

 私のホストファミリーの家族構成は、父と母と2人の子供です。父はとても面白く、いつも歌ったり変顔をしてきたりしていて、母はたくさん話しかけてきてくれます。子供は兄のサイラス9歳、弟のジョッシュ5歳とやんちゃ盛りの2人なので、いつも家は笑い声に溢れています。
そんな家族の、毎日の日課は、夜みんなで映画を観ながらアイスを食べることで、とてもあたたかい家庭だなと感じ、この家族と出会えてとても良かったです。
 残り5日の間にもっとたくさんホストファミリーと話し、多くの思い出を作っていきたいです。
ファイル 4235-1.jpgファイル 4235-2.jpg

ファイル 4235-3.jpgファイル 4235-3.jpg
 私のホストファミリーは、お父さん(Anthony)、お母さん(Amy)、おじいちゃん、6歳の女の子(Rylee)、5歳の男の子(Brayden)がいます。バディであるHaileyも同じ家に住んでいます。なのでHaileyとは朝食も昼食も夕飯も一緒であり、移動も一緒…つまり常に一緒です。そのおかげか、とても仲が深まってきています。
 Ryleeはよく私と遊んでくれます。Braydenはとても元気でRyleeと遊んだり、時には喧嘩をしたりしています。壮絶すぎて私が止めに入ったところ銃で打たれました。少し痛かったです。(泣)
 Amyは私によく話しかけてきてくれます。会話を盛り上げてくれます。とても優しい人です。家族団らんで何かをする、テレビを見るといったことはあまりないですが、正確な英語が喋れない私にわざわざ翻訳を使って教えてくれたり、本当に感謝しています。毎日がとても楽しいです。残りの時間も大事に過ごしたいと思います。
ファイル 4235-4.jpgファイル 4235-5.jpg

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #5

 ホストファミリーは私に過ごしはじめて、まだ一週間とは思えないほどよくしてくれています。
初めは不安で一杯でしたが、英語でなんというかわからないときは待ってくれるし、英語が間違っていることを教えてもくれます。 とても日本が好きな人たちで、日本語で毎晩 おやすみ と言ってくれます。 なので、みんながいるリビングで過ごす時間が段々長くなってきています。
 残り数日間もたくさん会話や発見が出来るように全力で楽しみたいと思います。
ファイル 4234-1.jpgファイル 4234-6.jpg
ファイル 4234-7.jpgファイル 4234-2.jpg

ファイル 4234-3.jpgファイル 4234-3.jpg
 ホストファミリーは私にとても優しく接してくれます。毎日学校が終わってホストファザーのところへ行くと、「今日はどうだった?楽しかった?」と私のことをいつも気にしてくれます。初めのうちは言っていることをなかなか聞き取れなかったり、どう言ったらいいかわからなかったりしましたが、1週間過ごすうちに慣れてきてたくさんコミュニケーションをとることができるようになりました。
 私のホストファミリーは両親どちらともFCAで先生や事務をしていて毎日疲れているのであまり外出はしませんが、いつも美味しい料理を作ってくれたり、家で一緒に映画を観たりして充実しています。
ファイル 4234-4.jpgファイル 4234-5.jpg

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #4

 ホストファミリーとの生活はとても楽しいものだと感じました。
 最初は、話していることがあまりわからなかったけど、今では少しづつですが会話ができるようになりました。不安ばかりありましたが実際にはそんなことはなく暖かく迎えてくれました。もちろん全部英語で話すので分からないところもありますがそれでもジェスチャーや自分の知っている単語を使ったら伝わるようになりました。毎日がとても楽しいです。
 残り1週間となったので、1日1日を大切にしていきたいです。
ファイル 4233-1.jpgファイル 4233-2.jpg
ファイル 4233-3.jpg

ファイル 4233-4.jpgファイル 4233-4.jpg
 ホストファミリーの方と過ごして今日で1週間が経ちました。初めは英語がわからない中、ジェスチャーなどを使い、なんとなく会話をしていました。ですが、今では英語が少しずつ聞きとれるようになり、話す事も出来るようになってきています。学校が終わるといつも「楽しかった?」「夜ご飯は何がいい?」と聞いてくれて、私を気遣ってくれます。私はその何気無い会話がすごく嬉しいです。
 また、2匹の犬、ジャズとサーシャも一緒に住んでいます。2匹ともとても可愛いです。特にジャズはすぐに私の膝に乗りにきてくれます。
残り1週間、どのくらい英語の力がつくか、どのくらい学ぶことができるかを意識して過ごしたいと思います。
ファイル 4233-5.jpg
ファイル 4233-6.jpgファイル 4233-7.jpg

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #3

 初めはホームステイ生活に対して、英語を使わなければいけない事への重圧感も相まって、とても緊張していましたが、ホストファミリーが『お腹空いてる?』・『シャワー浴びてくる?』などと色々と気遣いをしてくれて、今ではそのような緊張は全然ありません。毎日の時間がとっても楽しいです。
 先日、日本から持ってきたものを使って、一緒におにぎりや海苔巻きと味噌汁を作りました。初めて口にするモノに緊張していたご様子でしたが、「It’s so good!!!」と言ってくれたので、喜んでくれた様で良かったです。
 気付けばアメリカでの生活も残り1週間を切ってしまいましたが、さらなる発見や学びが出来るように、残りの時間も全力で過ごしていきます。
ファイル 4232-1.jpgファイル 4232-2.jpg
ファイル 4232-3.jpg

ファイル 4232-4.jpgファイル 4232-4.jpg
 私ははじめ、ホストファミリーと上手くコミュニケーションがとれるのか、とても不安でした。しかし、私のホストファミリーはとっっっっても優しく、毎朝、体調はどう?と気遣ってくれ、学校が終わると、今日の学校はどうだった?と、たくさん話しかけてくれます。なので毎日がとても楽しく、充実した日々を送ることができています。
 そして、今日はホストマザーとショッピングに行き、その後に友達のホストファミリーと合流して一緒にビュッフェを楽しみました。
また、ホストファザーは、まだここにいてほしいと言ってくれて、すごく嬉しいです。残り1週間ですが、一日一日を大切にしていきたいです。
ファイル 4232-5.jpgファイル 4232-6.gif

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #2

ファイル 4229-1.jpgファイル 4229-2.jpg
 初めはホストファミリーの人たちと仲良く出来るか心配していましたが、今ではそれは杞憂であったのだと思うようになりました。ファミリーは、とても優しい人たちでした。
 自分を学校から迎えに行って家に帰る時によくフローズンヨーグルトを食べさせてくれます。最近では一緒に映画や日本のアニメを鑑賞しています。アメリカの映画は内容を理解することができていませんが見ているだけでも面白いです。
 ところが今の自分の生活ではコミュニケーションが不足しているように感じます。いつも誰かが忙しくて話せないことがありますがせめて食事の時には話せるようにしたいです。

ファイル 4229-6.jpgファイル 4229-6.jpg
ファイル 4229-3.jpg
ファイル 4229-4.jpgファイル 4229-5.jpg
 わたしのホストファミリーはお父さんお母さんに加えて長女(11歳)、双子の女の子(7歳)、そして男の子(2歳)の6人家族です。いつも学校から帰ると子供たちが遊んでいて、とても賑やかです。部活動のため少し遅れて長女が帰ってくると、それぞれが食事を終えて家族みんなでテレビを見ます。家族全員とたくさん時間を共有できるときで、わたしが一日の中でいちばんすきな時間です。ホストファザーは日本のアニメが大好きで、みんなでドラゴンボールを見たこともありました。
 わたしは、いちばん面倒を見てくれるホストマザー、毎日送り迎えをしてくれる優しいホストファザー、そして本当にかわいい子供たちに囲まれてとても幸せです。

【アメリカ短期留学】Everyday life with host family #1

 アメリカの人たちと同じ生活を送り、アメリカの高校生と共に学ぶ。たったこれだけのことですが、しかしそれが、彼らの『糧』になる。これが、星城高校のアメリカ短期留学の醍醐味です。

 今日で1週間の生活が終わりました。そんなみんなに、この1週間の生活をレポートしてもらいました。複数回にわたって、お届けします。

ファイル 4228-5.jpgファイル 4228-5.jpg
ファイル 4228-1.jpgファイル 4228-2.jpg
 アメリカの地で英語を喋り、全く違う習慣に慣れるのには少し時間がかかりました。数日経ち、様々な環境に慣れてきて、今では家にいる時間が驚く程に充実しています。
 私のホストファミリーは大人数で食事をすることが多く、柔らかい雰囲気の中 食べる夕食はとても美味しいです。
 私の好きな時間は 夕食後にホストファミリーと会話をすることと、犬の散歩について行くことです。拙い英語でも理解してくれる事に喜びを感じ、もっと話せるようになりたいという意欲が湧いてきます。
水曜日にはほかのホストファミリーのお宅に遊びに行きました。そこでは日本の食べ物や文化などを友人と共にホストファミリーに紹介しました。慣れない英語を喋ることは大変だったけれど、コミュニケーションをとることは楽しく学ぶことが出来ました。
 そんなホストファミリーやその周りの人達が大好きで、残り時間を大切に過ごしたいです。

ファイル 4228-5.jpgファイル 4228-5.jpg
ファイル 4228-3.jpgファイル 4228-4.jpg
 ホストファミリーと生活を共にして約1週間。楽しい思い出を日々作っています。
 先日、私のホストファミリーの家で友達とプールに入って楽しいひと時を過ごしました。その時もホストファミリーは気を使ってくれて、バスタオルなどを用意してくれて本当に感謝しています。
 また、昨日の夕食にはミートソースパスタが出ました。それはとても甘くて美味しく思わず明日も作って!とお願いしてしまいました。
 そして今日私にとってとても嬉しいことが起きました。ホストマザーが私にもし時間があったらまたおいで、と言ってくれたのです。
 驚きもありましたが、それは一瞬で喜びに変わりました。本当にこのホストファミリーと出会えて幸せだと思っています。

【アメリカ短期留学】Church for young people & BBQ & Sports #2

そのあと、一行は gym へ移動。ここでも学生たちは様々なパフォーマンスを見せてくれました。
なんと言っても、圧巻なのはその『チームワーク力』と『パフォーマンス力』です。

https://youtu.be/zgiQULZaZqM ←動画はこちら!
ファイル 4227-7.jpgファイル 4227-8.jpg
ファイル 4227-1.jpgファイル 4227-2.jpg
ファイル 4227-3.jpgファイル 4227-4.jpg
ファイル 4227-5.jpgファイル 4227-6.jpg
gym の片隅で先生たちは、やさしく見守っています。

【アメリカ短期留学】Church for young people & BBQ & Sports #1

Period 2 終了後、学生たちと私たちは、ホールに集まりました。
ファイル 4226-1.jpgファイル 4226-2.jpg

そこでは、チャーチが始まるかと思いきや、学年・性別など、それぞれの小グループに分かれて移動。
ファイル 4226-3.gif

そのグループにて、真剣なミーティングが行われました。
ファイル 4226-4.jpgファイル 4226-5.jpg

今日のお昼は、バーベキュウ。 ハンバーガーやスナック、飲み物をもらい、足早に校舎の外へ! フェイスペインティングをする人も!? 当然、私たちもしていただきました。
ファイル 4226-6.gifファイル 4226-7.jpg

ここでも、それぞれのグループで、それぞれの活動や競争が繰り広げられました。それらを見守りながら、小腹の空いたおなかを満たしていきます。
ファイル 4226-8.gif

【アメリカ短期留学】The buddies who are supporting students #2

バディの紹介#2 です。
ファイル 4225-1.jpgファイル 4225-2.jpg
ファイル 4225-3.jpgファイル 4225-4.jpg

【アメリカ短期留学】The buddies who are supporting students #1

 あっという間に週末の金曜日を迎えました。みんな”疲れ”など、どこ知らず。朝からハイテンションです。今日は、お昼にBQQをするとか? う~ん、どこで何をするのでしょうか? 想像がつきませんが、楽しみです。

 今日は、いつも行動を共にしているバディを紹介します。みんなとても気さくで、笑顔がいっぱいです。
ファイル 4224-1.jpgファイル 4224-2.jpg
ファイル 4224-3.jpgファイル 4224-4.jpg
ファイル 4224-5.jpgファイル 4224-6.jpg
ファイル 4224-7.jpgファイル 4224-8.jpg

つづく・・・。

ページ移動